【第4話】川尻蓮はダンス1位になれたのか?日プ#4感想その2(ネタバレ含む)

10/17配信第4話の感想その1は、下記からどうぞ⬇︎⬇︎

【日プ】努力は報われる!? PRODUCE101#4感想その1(ネタバレ含む)

ポジション評価バトル、残り3曲について、感想述べていきます。

 

スポンサーリンク

 

ラップ対決

ラップ曲は、PRODUCE101オリジナル曲
詞(リリック)についても自分たちで作ります。

【1班】
上原、中川、稲吉、岡野
【2班】
三井、山本、鈴木雅、森

 

▶︎ハイライト

・センターなりたかった上原潤中川がセンター。
・2回目のセンター決め。他のグループの練習生がジャッジ。
・瀧澤「(上原は)目で人を殺してた」
・1組センターは上原に決定。
・作詞したことないの人が多い2組。
・サイプレス上野(サ上)先生「自分を出すことがHIPHOPで、その表現方法がラップだから」
・1人1人、それぞれの思いをラップにします。

 

1組目パフォーマンス:ラップ

全体的に音に乗っていて良いですね。「めっちゃイケてるじゃん」とトレーナーたちも言ってます。
プデュのシンバ岡野くんのリリックが、観客を沸かせています。
(岡野くんは、iKONのファン。いいね。)
個人的に、稲吉くんのパートが好きです。低音高速ラップが聞いていて気持ちいい。「番狂わす!」

 

2組目パフォーマンス:ラップ

1組に比べると、いまいちリズムに乗り切れませんでした。
リリックは、わかりやすいですね。
三井くん、きゃー言われてます。

 

ラップの勝敗結果

1組が勝利。(308対76)

曲内1位は、三井瞭。2位上原潤。3位岡野海斗

ラップ曲は1曲のみのため、この順位が総合順位になります。

 

ここで疑問に思った人もいるんではないでしょうか?
グループバトルでは1組圧勝なのに、なぜ2組の三井くんが総合1位??

 

【グループバトルのジレンマ!?】

曲内1位を決める個人投票は、曲ごと計12人(or8人)の中から1人に投票するのではなく、チームごと計6人(or4人)の中から1人に投票します。

そこでは、とあるジレンマが生まれます。

「グループで勝利」するか、「個人で1位になるか」…。

例えばグループで勝利するため、人気の高いメンバーを複数集めたグループは個人投票の際、票が分散してしまいます。
逆に、人気に差があるグループは、人気のある人に票が集中するのです。

今回、ラップバトルのようにグループでは敗北したが、曲内1位になれた練習生は結構いました。
まぁ、なかなか初めから個人1位を狙いに行くのは難しいし(できたら相当な戦略家笑)、まずはグループ勝利を狙いに行く人たちがほとんどだったでしょうが、こういう1つの勝負だけで終わらないルールもプデュの面白い所ですね。

【参考:ポジション評価バトルでベネフィットを獲得する条件
① グループバトルで勝利したチーム全員:1,000票
② それぞれの曲の中で1位の練習生:3,000票
③ ダンス、ボーカル、ラップそれぞれ総合1位の練習生:10,000票



 

ボーカル曲「HAPPY BIRTHDAY」対決

back numberのバラード曲

【1班】
床波、北岡、木原、石井祐、グチェレス
【2班】
安慶田、西山、浦野、岩崎、磨田 

 

▶︎ハイライト

・センター床波、喉を潰しダウン。
・菅井先生のレッスンでは歌い方を指摘された床波。
・菅井先生「3回目で多分喉潰すよ」(え、大丈夫なの?直せたの?)
・サビを歌いたいが高音パートが出ない木原
・高音パートは床波に任せることに。
・全体的に、柔らかい雰囲気の練習生が多い1組。(リーダー石井くんが一番男らしくみえる。)
・2組ラップ希望だった安慶田。(ラップ聞きたかったな)
・言いづらかったが、チームで勝つため、岩崎にパート変更を提案するリーダー西山
・(え、浦野エピソード無いんですか? 浦野秀太、分量少ない…)

 

1組目パフォーマンス:HAPPY BIRTHDAY

歌ダンス未経験の床波志音、何者!? 全部持ってちゃった感。
タケルもうまかったですね。(普段とのギャップ!)

(床波くんの印象について少しですが、記事に書いてます⬇︎)

✔︎関連記事 
【PRODUCE101 JAPAN(日プ)】2週目60位以下の実力ある子たちに気づいて!もっと映して!

 

2組目パフォーマンス:HAPPY BIRTHDAY

1:00、2:00浦野くんのパートいいですよ。
西山くん、高い所かすれちゃったのがちょっと残念だけど全体的に、歌い方がすてき。
個人的に好きな場面は、1:25。鈴木玄くん鳥肌ブルブルからの菅井先生の優しい顔。笑

 

HAPPY BIRTHDAYの勝敗結果

2組が勝利。(87対301)

曲内1位は、床波志音。2位安慶田
床波「大サビも一人で歌ちゃって、嬉しいと同時に申し訳なさが…」謙虚だな。

 

 

ダンス曲「HIGHLIGHT」対決

韓国で人気のSEVENTEENの曲。

【1班】
川尻、宮島、木全、中里、大平、中林
【2班】
佐野、福地、田口、古屋、西、駒尺

 

▶︎ハイライト

・1組リーダー・センターは、川尻
・どこか「蓮くんがいるから大丈夫」という思いがある1組。
・順調だと思ったが、WARNER先生から「振りが単調」と指摘される。
・OVER THE TOPチームの本田が、1組メンバーにアドバイス。
・川尻に「考えすぎちゃってる。」とアドバイスする17歳中里空
・対する2組。「蓮くんからの挑戦状」だと思っているバックダンサー経験のある佐野
佐野とダンススキルの差がある他のメンバー。
・最初はみんな暗かったが徐々に意見を交わすように。
・時間が無いのでコピーのダンスで完成度を高めようとする佐野だが、
「オリジナルでやったほうがいいんじゃないか」と提案する福地
・オリジナル振りで勝負することにした2組。

 

1組目パフォーマンス:HIGHLIGHT

全体的に引きで撮った映像が多くてGOODです。ダンスが揃ってるのがわかる。

 

2組目パフォーマンス:HIGHLIGHT

1組に比べると、ダンスにバラつきがありますが、構成などにオリジナリティがありましたね。 

 

 

HIGHLIGHTの勝敗結果

1組が勝利。(317対73)

曲内1位は、福地正。2位川尻
佐野くんは7位。
福地「1位になれたのは、佐野文哉くんのおかげ。感謝してます。」

 

スポンサーリンク

 

ポジションごとの総合順位

ボーカル部門総合順位


1位 男澤(4,224票) 
2位 與那城(4,151票)
3位 床波(3,217票)
4位 瀧澤(3,167票)

ずっとAクラスになれず悔しい思いをしていた男澤くん。努力が報われました。

 

ダンス部門総合順位


1位 本田(4,230票) 
2位 今西(4,120票)
3位 福地(3,178票)
4位 景湖(3,141票)

頑張りが報われた本田くん。

 

ラップ部門総合順位


1位 三井(3,185票) 
2位 上原(1,175票)
3位 岡野(1,084票)

支えてくれたチームのみんなに少しでもお返しができたならよかったと三井くん。 

 

日プ・ポジションバトルの感想

韓国版のグループバトルとポジションバトルが混ざったようなルールでした。
実力のある練習生が頭角を現したり、どんでん返しがあったり、面白かったです。
ちょっと残念だったところは、接戦試合があまりなかった
グループバトルは、完勝、完敗が多かったので、もっと接戦バトルを見たかったですね。

  

ポジションバトルで気になった練習生

たくさんいるので、ボーカルポジションだけ…。

男澤 直樹 (20)
 →パワフルな歌声をもっと聴きたい。

床波 志音 (19)
 →男澤くんとはまた違う歌声。とりあえずもっと聴きたい。笑

・浦野 秀太 (22)
 →歌唱力、表現力に安定感がある。もう少しクローズアップされてもいいと思う。(日プ運営さんならやってくれるはず!と信じています)

グチェレス タケル (17)
 →声質が好き。普段とのギャップが良き。

・中本 大賀 (18)
 →Lemonの歌い出しで引き込まれた。ダンスも上手そうだ。

 

 

来週は、小コーナー&いよいよ第1回順位発表!

予告では、ダンスバトル練習生によるビジュアルセンター投票をするようですね。
ダンスバトルでは、タケルとヒコのギャル対決が!?笑
ビジュアルセンター、いろんな種類のイケメンがいるので、練習生は普段誰をカッコイイと思っているのか気になります。笑

そして中間順位発表!!とうとう脱落者が出ます( ; ; )

 

第5話は、10/24(木)21時からGYAO!で配信。