【第6話】1位川尻蓮が1番目に選んだ練習生は◯◯!日プ感想その1(ネタバレ含む)

PRODUCE101JAPAN第6話感想その1。
60名になって今回挑むバトルは「グループバトル」。
このグループバトル後、第2回順位発表があり、そこで36位以下が脱落となります。

今回は、プデュ名物(?)のパート決めの揉め事などが発生し、視聴者もモヤモヤする回となりました。

筆者について
元Kpopオタク、PRODUCE 101シーズン1、2にどハマりしていた。 
オーディションサバイバル番組大好き。

 

スポンサーリンク

 

グループバトルのルール

6人ずつ10グループに分かれて、約500人の観客の前でパフォーマンス。
今回は全て「生歌」で披露する。

次の基準で、観客投票が行われる。

①練習生1名ずつに対して「パフォーマンスが良かった」と思ったら投票する。(逆に良いと思わなかったら投票しない。)最高500点。
②6名の①の合計票数が一番多いチームが、グループ1位となる。

 

ベネフィット

①観客投票でNo,1に選ばれたグループ6人全員→10万票。
②各グループ個人投票数1位の計10名→2万票。
③個人投票数総合1位の1名→5万票。

前回のベネフィットに比べてだいぶ票数が大きくなりました
前回は、1,000票から1万票でしたので、あまり順位に影響しませんでした。

しかし今回最高10万票。
これを取れると、とても有利になりそうです。

 

課題曲

課題曲は、チーム代表3名が障害物競争をして、早くゴールしたチームから選択できます。

【課題曲】
・Everybody / SHINee
・Why?Keep your head down / 東方神起
・뚜두뚜두 (DDU-DU DDU-DU) / BLACK PINK
・Fire / 防弾少年団
・LOVE ME RIGHT / EXO
・Wake up! / AAA
・(RE)PLAY / 三浦大知
・Happiness / 嵐
・if… / DA PUMP
・RAISE THE FLAG / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

 

グループの決め方

上位順位から、好きなメンバーを指名していく。
1位は、5名選択でき、2位からは、4名選択できる。
最後に選ばれなかった9名は、入りたいグループを自ら指定する。

 

グループ決めハイライト

安藤優「知ってる曲が、少なくて‥」
(君、前もそんなこと言ってたね。笑)

最初にメンバーを選ぶのは1位川尻蓮。
「なんとな~~~く(頭の中にあります)」

川尻が選んだ1人目は、49位浦野秀太
川尻「僕は、秀太の声が好きです。ハイトーンを綺麗に出せる。」
(浦野くん、やっと分量が…!(涙))
「49位ではない」と言える蓮くん。練習生の実力をちゃんと見ている点が、素晴らしいなと思いました。(鶴房風)

2人目は川西(3位)。
川尻「顔を作るのがうまい」

3人目は、頼れるヒチョン(4位)
川尻「物事を俯瞰して見れる人」

2位豆原は選ばれなかった。いわゆる「豆飛ばし状態」by岡村さん。

4人目上原潤(17位)
川尻「ラップについて信頼している」
5人目大澤駿弥(9位)。川尻「グループには必要な人なのかと。」

次は残っている最高順位の豆原(2位)。4人選べる。
この後も上位練習生8人が4人ずつ選ぶ。

豆原1人目、ヨンフン(8位)。
豆「レンくんが、すごいアベンジャーズ作ってきてるので、こっちも勝ちにいきたいなと」

2人目鶴房汐恩(5位)。「入ったからには足を引っ張らないように」
「豆×鶴」のコンビの化学反応楽しみですね。
3人目ユンドン(6位)。豆「勝ちに行きます」
4人目河野純喜(15位)。

次は大平祥生(7位)
1人目男澤。大平「ずっと一緒にステージしたいと思ってた」
2人目らいら。3人目みなと
4人目本田。大平「間違いなくリーダー」

そして最後まで選ばれなかった9名は、逆に入りたいチームを選ぶ。
順位高い練習生からに選べ、良いチームに入れれば、グループ優勝できるかもしれない。
 
草地(31位)は、宮里チームを選択。
草地「豆原チームは、足をひっぱりそう‥」
北岡(32位)は、井汲チーム。

磨田(41位)は、豆原チームを選択。
磨「人生変えたい。自分はここに何しにきとるんやと考えて、勇気を出した。」

岡田(43位)「優心チーム」
内田(46位)「安藤チーム」
安慶田(47位)「大平チーム」
西尾(52位)「青木チーム」
寺師(55位)「林チーム」
古屋(60位)「玲叶チーム」

残った9名はなんだか申し訳なさそうだけど、みんな笑顔で迎えます。

(私だったら、安藤チームか大平チームを選びます!)

 

 

課題曲決め

障害物リレーで、最初にゴールしたチームから選択。

代表者3名で、
網くぐり、知恵の輪、風船割り。

優心チームは、風船割り担当を決める。
木全「じゃぁ腕相撲勝負しましょう!」
木全 VS けいご
けいご「それ本気?」→けいご勝利。

チームの希望曲、やはりEXOを選ぶチームが多い。
豆原も鶴房も「EXOがやりたい」

よーいスタート

宮里くん、野生児爆発!
知恵の輪、地味ーーー笑

がんばってーの声が、高すぎるヒコ。

最速タイム1分33秒で風船を割った安藤誠。強すぎ!

結果(ゴール順)
北川チーム→DDU-DU DDU-DU
佐藤チーム→LOVE ME RIGHT
井汲チーム→EveryBody
豆原チーム→FIRE
安藤チーム→Why
宮里チーム→WakeUP
大平チーム→Replay
青木チーム→if
林チーム→Happiness
最強だった川尻チームは、最下位。
→RAISE THE FLAG

大澤「バライティのあれじゃないっす。消防士の訓練。」

そういえば、風船割りがなかなか割れないという練習生のインタビューで、BGMにツカメ(ピアノver,)を流す、運営さんのセンス、笑いました。

 

各チーム、パート・役割決め

センター、リーダーの役割に加え、今回は、メインボーカル、サブボーカル、ラップなど、歌うパートが最初から決められています。

東方神起チームは、センター経験者4名。
白岩も今西も佐野もセンターをやりたい模様。
みんなで話し合い、センターは白岩瑠姫に。
佐野「グループで勝ちに行くなら、歌とダンスもできる瑠姫がいい。そして脇をヒコとオレで固めるのが良い。」

そして、ヒコと佐野でやりたいパートがかぶる。
「いつかはきっと笑うんだ」のキリングパート。
じゃんけんで、ヒコに決定。
リーダー與那城 「ふみやとhicoは混ぜたら危険?それとも最強?」

確かに、ここの化学反応どうなるんだろう。楽しみですね。
しかしチームに與那城と安藤誠がいる安心感、なんですか!笑

 

この後、「LOVE ME RIGHT」「if…」「Fire」3曲パフォーマンスが放送されたのですが、長くなったので、それぞれの感想はまた別で記事書きます!
【追記】感想パート2公開しました⬇︎⬇︎