【第1公演】前半戦スタート!「青春有你1」出演者が日本のアニソンで大活躍!創造営Ep3#1

 

 

「創造営2021」第3話Part1について、語っていきます。ネタバレ含みますのでご注意ください。

 

前回記事


【初回放送】創造営2021 Ep.1(2/18放送分)内容まとめ&感想#1-1
  続きをチェック▶︎          


日プ出身者の成長に感動!Aクラスの11名に入る日本人は?【中国版プデュ】創造営 第2話感想
  続きをチェック▶︎          


 

筆者について

・PRODUCE 101シーズン1,2にハマり、プデュファンに。
・日プ、中国プデュ(創造営2020)にもハマりました。

  

 

無料視聴方法

視聴はこちら↓(日本語字幕つき)
WeTV公式サイト: https://wetv.info/StreamingNow

 

前回あらすじ

初回評価を終え、Aクラス11名が発表された。

関連記事


日プ出身者の成長に感動!Aクラスの11名に入る日本人は?【中国版プデュ】創造営 第2話感想
  続きをチェック▶︎          


 

そして宿舎の部屋決め争いを終え、練習生たちの共同生活がスタート。

第1回公演(観客を入れたステージパフォーマンス)に向けて、グループ分けが行われた。
グループは全部で14グループ。

 

第1回公演 練習開始

投票数1位だったグループは全員Aクラスになることが告知された。

対戦グループ決め

各グループ代表がボックスを選んでいく。中身の紐の色が同じグループが、対戦相手となる。

みんな、リーワン(力丸/Rikimaru)「蓮 lit」チームと、Santa(赞多)「Yummy」チームとは当たりたくないと思っている。

 

第1公演スタート

会場(おそらく前作創造営2020と同じ)には、観客が入っている。(観客は、透明なフェイスシールドをして感染対策。)

そして公演スタート。ヘアメイクと衣装でばっちし仕上げた練習生たち。モデルのようにランウェイをし、観客の前に登場した。

その後メンターたちが登場した。

そして、特別メンターとして。木村拓哉氏の次女 光希(koki)が登場。リモート中継で、参加する。

筆者

特別メンターとは?
1、2話のみ出演する「ゲスト審査員」みたいな人のことです。
前作「創造営2020」では、元EXOクリスが特別メンターとして出演していました。

関連記事


【創造営2020】元EXOクリス登場&ステージセット豪華すぎる!第3話感想 ネタバレ含
  続きをチェック▶︎          


投票ルール

・観客は「良かった」と思う練習生に投票する。(対象は何人でもOK。重複NG)
グループ内平均投票数が高いチームが勝利。

 

第1バトル:モンスター VS 繭破り

まずは『モンスターとして(作为怪物)』チームの登場。

<メンバー>
フー・イェタオ(胡烨韬/Hu Yetao)★
リゥ·チャン(刘彰/Liu Zhang)
・シュエ・バーイー(薛八一/Xue Bayi)
・リー・ペイヤン(李沛洋/LI Peiyang)
・ルー·ディンハォ(陆定昊/Lu Dinghao)
・田口馨也(keiya)
・ツァオ・ツオ(曹左/Cao Zuo)

★…センター

▶︎練習ハイライト

ラッパーとして頼もしいAKリゥ·チャン(刘彰/Liu Zhang)だったが、彼はダンス未経験。
ダンスの先生経験のあるツァオ・ツオ(曹左/Cao Zuo)は、厳しく他の練習生を教える。(とっても熱血!)
対照的に、フー・イェタオ(胡烨韬/Hu Yetao)は、優しく他の練習生を指導し、グループ内の調和を保つ。
ある時、18歳田口馨也(keiya)が体調が悪く、早めに宿舎で休むことに。彼は英語も中国語も達者ではないので、他の中国人練習生とコミュニケーションがスムーズに取れない。しかし、熱血ダンサーツァオ・ツオ(曹左/Cao Zuo)は、彼のそばにいて、面倒を見てあげた。

馨也(keiya)「ツァオ・ツオ(曹左)は、僕の面倒をよく見てくれて、お兄ちゃんみたいな感じです。」「もっと中国語を勉強して、お世話になっている方々と、中国語で話せるようになればいいなと思っています。」

初回に相応しいステージ魅力的なパフォーマンスを披露した。

筆者

筆者感想
美男子が多い!ありがたい!笑
表情も妖艶でかっこ良かったですね。
18歳 馨也(keiya)もかっこよく踊れてました。(元国プ満足)

Nene先生リー・ペイヤン(李沛洋)、踊ってる時とてもセクシーでした。」

筆者

李沛洋、EXOチャニョルに似ているような…

R1SE周先生フー・イェタオ(胡烨韬)には、本気で伝えたい何かがあるように感じました。」

フー・イェタオ(胡烨韬)「この曲は、この世界に馴染めない人たちの歌です。昼は仮面を被って生きていますが、夜になって本当の自分を見つけます。そんな人たちを元気つけたい。」

R1SE周先生「AK(刘彰)は普段、ラップに対して強い自分の意見を持っているように感じるが、今回はチームのためにそれを抑えて貢献したと思う。」

【投票数1位】
➡︎フー・イェタオ(胡烨韬/Hu Yetao)

 

続いて対するは、『繭破り(破茧)』チーム。

<メンバー>
ユ・イヤン(于洋/Yu Yang)★
ガァン・ワンシン(甘望星/Gan Wangxing)
和马(Kazuma)
チン・ロン(井胧/Jing Long)
ヌォ·イエン(诺言/Nuo Yan)
Yuya(都筑雄哉)

★…センター

▶︎練習ハイライト

ユ・イヤン(于洋/Yu Yang)チン・ロン(井胧/Jing Long)と、ボーカルが強いチーム。
和気あいあいと練習していく。ハーバード大学生IQが高いカズマ(和马)は、中国人練習生の言っていることを聞き取れるようになってきた。中国語が上達した。
(イケメン幽霊ガァン・ワンシン(甘望星/Gan Wangxing)、練習中の姿(すっぴんノーセット)は別人のようで面白い。笑)

R1SE周先生「人間界に奇跡がおきましたね。(笑) ガァン・ワンシン(甘望星/Gan Wangxing)の成長を感じました。」

【投票数1位】
➡︎ユ・イヤン(于洋/Yu Yang)★

  

【第1バトル結果】
勝ったのは、『モンスターとして(作为怪物)』グループ。

  

第2バトル:Super Champion VS 蓮

続いて、C、Fクラス練習生のみの『Super Champion(气势超强)』グループ。元EXOルハンの楽曲だ。

<メンバー>
フ・イーファン(何屹繁/He Yifan)★
リゥ・ツォン(刘聪/Liu Cong)
リゥ・ヤントンヂー(刘严冬季/Liu Yandongji)
LaiLai(一之濑飞鸟)
リー・ジァーハオ(李家豪/Li Jiahao)
リー・ヂャンティン(李政庭/Li Zhengtin)
リー・タイロン(李泰龙/Li TaiLong)

★…センター

▶︎練習ハイライト

センターを決める。コミュ力が高くみんなを引っ張っていけるフ・イーファン(何屹繁/He Yifan)になった。

グループ経験のないLaiLai(一之濑飞鸟)、ダンスが苦手だ。ダンスが得意なリー・タイロン(李泰龙/Li TaiLong)が教える。

力強いステージを見せた。

筆者

子キツネっぽいリー・タイロン(李泰龙/Li TaiLong)、ダンスが上手でした。

【投票数1位】
➡︎フ・イーファン(何屹繁/He Yifan)

 

続いて、対するはリーワン(力丸/Rikimaru)がいる『蓮(Lit)』グループ。EXOレイの楽曲だ。

<メンバー>
リーワン(力丸/Rikimaru)
リゥ·ユ(刘宇/Liu Yu)
レン・インポン(任胤蓬/Ren yinpeng)
ルオ・イエン(罗言/Luo Yan)
リー・ロァー(李洛尔/Li Luoer)
・シュ・シャオラン(徐绍岚/Xu Shaolan)
イー·ハン(怿涵/Yi Han)

★…センター

▶︎練習ハイライト

Aクラスが2名のうち1名がセンターになる。他のメンバーの投票により、センターは力強いダンスをするリーワン(力丸/Rikimaru)に決定。

リゥ·ユ(刘宇/Liu Yu)「今までずっとセンターだった。今回初めてセンターじゃなかった。」

リーワン(力丸/Rikimaru)はダンスがうまくないチェロ奏者レン・インポン(任胤蓬/Ren yinpeng)にも、わかりやすく身体の使い方を教える。

センターの重圧が無くなったリゥ·ユ(刘宇/Liu Yu)は、開放感を楽しんだ。そして、グループのトレーニングスケジュールを決めるなどリーワン(力丸/Rikimaru)をサポートした。

17歳ルオ·イエン(罗言/Luo Yan)力丸先生と刘宇先生は、お父さんとお母さんの役割をしてくれている。」

観客を惹きつける力強いパフォーマンスを披露した。

筆者

最高!
力丸くん、ダンスばかりに注目してしまいますが、普段の喋り方とは全く違う力強い歌声も魅力ですね。
そして、JYP CHINA17歳ルオ·イエン(罗言)に目がいきました。185cmバランスの良いスタイル。

ニン(宁静)先生ダンスが得意でないリー・ロァー(李洛尔)が、混ざっても全く違和感がなかった」「リーワン(力丸/Rikimaru)はすごい先生だ。レッスンをお願いしたい。」

【投票数1位】は2人。
➡︎イー·ハン(怿涵/Yi Han)
➡︎レン・インポン(任胤蓬/Ren yinpeng)

WEJIJIWA後輩のレン・インポン(任胤蓬)が発表された時、周震南先生は「え?」って顔している。
当のレン・インポン(任胤蓬)も葛藤していた。自分は、得点王にふさわしいのかと…。

筆者

得点王は、力丸と刘宇かと思ってましたのでびっくり…。
レン・インポン(任胤蓬)「明日之子」に出演し、中国固定ファンが多いのかもしれません。

筆者

18歳イー·ハン(怿涵/Yi Han)はなんで1位なんだろう。 (確かに顔はハンサムで可愛い)
彼は初回評価の時、同じチームで注目度の高いリン·モォ(林墨)の影に隠れてしまっていました。

舞台裏で、涙を流す練習生。

イー·ハン(怿涵/Yi Han)「みんなと別れたくないなって思って…。」

そんな彼らを見て、リーワン(力丸/Rikimaru)も涙。

力丸「コンテストとか一時期、争いごとが嫌いになった時期があって、誰かと比べるのを諦めてたんですけど、今回、新しい自分を見つけられて良かった。楽しかった。このチームで良かった。」

【第2バトル結果】
勝ったのは、蓮(Lit)グループ。

 

第3バトル:Butter-Fly VS 君が好きだ

続いて、日本語アニメソング『Butter-Fly』グループ。

<メンバー>
ボー・ユエン(伯远Bo Yuan)
チャン·ヂャン(张璋/Zhang Zhang)
Shingo(门胁慎刚)
David(大卫)
ウェィ・ユーヂエ(韦语节/Wei Yujie)
フー・スチャオ(付思超/Fu Sichao)
Yuu(喜内优心)

★…センター

▶︎練習ハイライト

「精神安定剤」のようだと言われるボー・ユエン(伯远Bo Yuan)。30歳手前(1993生まれ)で、経験豊富な彼は、父兄のようにグループを引っ張り、みんなに慕われている。

ダンス初心者で振り付けに苦戦しているのは、4ヶ国語を話せるDavid(大卫)。他の練習生が時間をかけてトレーニングに付き合う。

サイリウムを使って、元気のあるステージを披露した。

筆者

2019年「青春有你1」出演経験のあるボー・ユエン(伯远Bo Yuan)兄貴が飛び抜けています。
元気を出したい時に見たくなるパフォーマンスです。みんな日本語上手すぎ。

【投票数1位】
➡︎フー・スチャオ(付思超/Fu Sichao)

他の練習生は、得点王はボー・ユエン(伯远Bo Yuan)兄貴だと思っていた。しかし、得点王は、固定ファンの多いWAJIJIWA フー・スチャオ(付思超)だった。

ボー・ユエン(伯远)「落ち込んでないって言ったら嘘になります。ボーイズグループを見る基準は、男性が見るのと、女性を含む大衆が見るのでは絶対に違うスチャオ(付思超)の上達ぶりが、この栄誉を手に入れて、本当によくやったと思う。」

筆者

そうなんですよね!特に母数の多い中国では、固定ファンの影響力は大きいかと思います。

 

対するは、『君が好きだ(我欢喜喜欢你)』グループ。先攻チームと対照的な優しいラブソングだ。

<メンバー>
ダイ・シャオドン(代少冬/DaiShaodon)
ライ·ヤオシャン(赖耀翔/Lai Yaoxiang)
ジャン・ドゥンハオ(蒋敦豪/Jiang Dunhao)
ロン・ヤオ(荣耀/Rong Yao)
ン・クン(黄鲲/Huang Kun)
Andy(安迪)

★…センター

▶︎練習ハイライト

静かで、内向的なタイプが多いグループ。

関連記事


内向的・外向的の根本的な違いとは?
  続きをチェック▶︎          


 

淡々と練習が進んでいく。リーダーは成り行きでダイ・シャオドン(代少冬/DaiShaodon)になった。

平均年齢が高いので、練習中に足を痙攣して倒れる練習生が続出。慣れた手つきで他の練習生がメンテナンスする。

ロン・ヤオ(荣耀)「カルシウムをとってください。」

ダンスが苦手なメンバーに、得意なメンバーが教えるが、各々で教え方が違うので、全体が揃わない。そんな中、他グループのプロダンサー美男子ウー・ハイ(吴海/Wuhai)が見に来て、アドバイスをした。

ウー・ハイ(吴海)「みんなで踊っていないで、誰かが全体を見るべき。そしてダンス担当など役割を決めて、質問はレッスンの後にしたほうがいい。そのほうが効率的だ。」

その後、メンバーで話し合った。坊主イケメン ロン・ヤオ(荣耀/Rong Yao) 、歌オーディション番組出演経験のあるジャン・ドゥンハオ(蒋敦豪/Jiang Dunhao)が、リーダーダイ・シャオドン(代少冬)の問題点を指摘した。

蒋敦豪(Jiang Dunhao)「私たち各々の思いが押し寄せて、リーダーの意見を押しのけてしまったのかもしれない。」
荣耀(Rong Yao)「たとえ意見の相違が生じても、『リーダーは俺だ』って言うべきですよ。」

その後、ダイ・シャオドン(代少冬)は、リーダーシップが取れるようになり、グループも成長していった。

心ときめくステージを披露した。

筆者

兄さんたちのボーカル良かったー。
苦戦したダンスが気にならないぐらいボーカルが素敵でした。

R1SE周先生「昨日のリハでラップパートを歌うダイ・シャオドン(代少冬)、『付き合ってくれなきゃぶっ殺すぞ!』みたいな感じだったけど、今日の本番は、王子様みたいに紳士的な雰囲気で、とても上手くできていた。」

【投票数1位】
➡︎ダイ・シャオドン(代少冬/DaiShaodon)

  

【第3バトル結果】
勝ったのは、Butter-Flyグループ。

 

後半戦も続く!

第1ステージ前半はここで終了。

続きは、第3話Part2になります。グループバトル優勝するのはどのグループでしょうか!?

▼続きの記事(第3話Part.2)


【衝突発生?】1位のグループは〇〇!プエク出身者も活躍する中国プデュEp3#2
  続きをチェック▶︎          


 

視聴はこちら↓(日本語字幕つき)
WeTV公式サイト:
https://wetv.info/StreamingNow


スポンサーリンク