【歌うまっ!】タイ出身 ナイン(高卿尘)・パトリック(尹浩宇)歌声で魅了|創造営Ep6-2

中国プデュ「創造営2021」第6話part.2 第2回公演「ポジション評価バトル」の後半について語っていきます。ネタバレ含みますのでご注意ください。

 

※名前を覚えやすくするため、中国人練習生の名前をカタカナで表しています。中国語は日本語で表せない発音が多く、実際と異なっているか部分があるかと思います。ご了承ください。

スポンサーリンク

筆者について

・PRODUCE 101シーズン1,2にハマり、プデュファンに。
・日プ、中国プデュ(創造営2020)にもハマりました。

 

無料視聴方法

視聴はこちら↓(日本語字幕つき)
WeTV公式サイト:
https://wetv.info/StreamingNow
これまでの全エピソード無料で視聴可能。

※スマホの場合は、アプリのインストールが必要。
PCの場合はそのまま視聴可能です。

 

前回あらすじ

第2回公演にて、ポジション評価バトルが開始。5グループのパフォーマンスが終了した。

5グループのうち、《創作》ラップ「頂点」が、全体投票数1位を獲得し暫定1位となっている。

 

▼前回記事(第6話Part1)


第6話 Part.1
《ラッパーAK刘彰の才能輝く》日本語曲Lemonの評価は?【ポジション評価】中プ Ep6-1
 続きをチェック▶︎          


投票ルール

・観客は、良かったと思う練習生に投票する。
「ベストパフォーマンス席」が1グループ分設けられ、全体の投票数が1番多かったグループ暫定1位として、その席に座ることができる。

  

6組目《創作》シンガーソングライターFix Me

続いては、作詞作曲を行う「シンガーソングライター」グループの登場。

<メンバー>
フー・スチャオ(付思超/Fu Sichao)
リー・ロァー(李洛尔/Li Luoer)
ロン・ヤオ(荣耀/Rong Yao)
ユ・イヤン(于洋/Yu Yang)
ルー·ディンハォ(陆定昊/Lu Dinghao)

★…センター

DJ兼音楽クリエイターのリー・ロァー(李洛尔/Li Luoer)は、パソコンを持ち込み、作曲に詳しいとコントラバス奏者フー・スチャオ(付思超/Fu Sichao)と一緒に、ハウス・ダブステップなどいろんなジャンルの音楽のデモ音源を流す。

2人の意見は一致して、「フューチャーベース」というジャンルにすることにした。「ウォブルコード」というものが特徴と話すリー・ロァー(李洛尔/Li Luoer)

(楽しそうな顔^^)

フー・スチャオ(付思超/Fu Sichao)「電子音100%だけでは、白ご飯だけ食べてるみたいで、味気のない。僕は必ず楽器も入れるんだ。」

そう言って、音楽がどんどん出来上がっていく。

続いて、作詞のテーマを決める。悲しくて、共感性のある「恋愛」をテーマにするのがいいんじゃないかという意見が出た。

リー・ロァー(李洛尔/Li Luoer)「恋愛感情について書いてみようよ。まぁ僕らは経験が少ないけど…」

スチャオ(付思超/Fu Sichao)「自分が経験してなくても話くらいは聞いたことあるでしょう。想像できる!」

筆者

創造営運営、練習生たちの恋愛事情にガツガツ踏み込みます。笑

タイトルは、「僕を癒せるのは君しかいない。僕を直してくれ。」という意味を込めて、『Fix Me』となった。

テーマが決まったので、それぞれ作詞活動をする。

ユ・イヤン(于洋/Yu Yang)「良い歌詞は、ボキャブラリーの多さより質が大事。共感ポイントを見つけるのが大事です。」

そう語るユ・イヤン(于洋/Yu Yang)の歌詞に、リー・ロァー(李洛尔/Li Luoer)は、「結婚指輪の広告みたいだな」と言った。

ユ・イヤン(于洋/Yu Yang)「ふっ、広告かよ。いやーどうしたらいいかな〜。」

周深先生の歌唱レッスン。初回評価で酷評をもらったルー·ディンハォ(陆定昊/Lu Dinghao)は高音を出すことにトラウマがあった。しかし、周深先生の指導で高音を上手く出せるようになってきた。

R1SE周先生から「君たちはぼーイズグループだし踊ったほうがいい」というアドバイスをもらい、ダンスを取り入れることに。

本番、どんな創作舞台を見せるのか。

筆者

ラップ作詞に、別グループのAK(刘彰/Liu Zhang)も参加。
それぞれの見せ場があっていいですね!
歌声にも個性がある。

フー・イェタオ(胡烨韬/Hu Yetao)「ルー·ディンハォ(陆定昊/Lu Dinghao)、叫んだね。涙が出そうになった!」

ユ・グァンイン(俞更寅/Yu Gengyin)ユ・イヤン(于洋/Yu Yang)のパート、すごかったな!」

ルー·ディンハォ(陆定昊/Lu Dinghao)は、初回パフォーマンスで、音が割れてしまった悪夢を克服。今回高音を成功さることができた。

周深先生「君が高音を出した時に、こんな感じです。(ガッツポーズをしながら)『よくやったね』って!」

筆者

個人的に、「第1話の悪魔の編集の餌食になった」と思っているルー·ディンハォ(陆定昊/Lu Dinghao)
ここでプラスイメージが放送されて良かった。(けどちょっと遅い。笑)

お化粧慣れている所とか、私服が個性的な所とか、「彼の性格は絶対きっとアイドル向きだ!」と思って勝手に注目していたのですが、分量少なくて、未だにキャラが掴めてない(わからない)です…

【投票数1位】
➡︎フー・スチャオ(付思超/Fu Sichao)

 

そして全体投票数対決。

【全体投票数】
➡︎《創作》ラップ「頂点」の勝利

《創作》ラップ「頂点」』グループの防衛が成功した。

 

7組目《ボーカル》好きにさせろ

歌手ホァ・チャンユー(华晨宇)のキーが高いロックな曲。

ウー・ハイ(吴海/Wuhai)「キーが、超はやい(高い)」(日本語)

筆者

美男子ダンサーウー・ハイ(吴海/Wuhai)、ペラペラじゃないけど、ちょいちょい日本語を話しますね。

<メンバー>
ボー・ユエン(伯远/Bo Yuan)
ガァン・ワンシン(甘望星/Gan Wangxing)
シャォ・ミンミン(邵明明/Shao MingMing)
ウー・ユゥハン(吴宇恒/Wu Yuheng)
チン・ロン(井胧/Jing Long)

★…センター

難易度の高い曲に警戒する練習生が多い中、ポンコツイケメンガァン・ワンシン(甘望星/Gan Wangxing)は、この曲を選んだ。

ワンシン(甘望星/Gan Wangxing)「ホァ・チャンユーさんが超好きだから。」

▶︎練習ハイライト

最初、全然上手く歌えなかったポンコツイケメンガァン・ワンシン(甘望星/Gan Wangxing)だが、歌うまインフルエンサーのチン・ロン(井胧/Jing Long)が、ピアノを用いてワンシン(甘望星/Gan Wangxing)に教える。

チン・ロン(井胧/Jing Long)「彼は才能がある。吸収が早い。」「それで時々、何かしらを彼にインプットさせている。」

(専属ボイストレーナーみたい)

ボー・ユエン(伯远/Bo Yuan)「高音が一番の難点って思ってたけど、今となっては、『蔑む』雰囲気を伝えるほうが難しいよ。」

ボー・ユエン(伯远)「(吴宇恒を指差して)、(君は)可愛い系だろう?」

ユゥハン(吴宇恒/Wu Yuheng)「違うよ。」

ワンシン(甘望星/Gan Wangxing)「優しい感じ?」

真逆のタイプを演じることになるユゥハン(吴宇恒/Wu Yuheng)。クールガイへの道がスタートした。

ユゥハン(吴宇恒/Wu Yuheng)「実は、普段からちょい悪系の練習生と交流するようにしました。」

といって登場したのが、ちょいワル練習生代表オスカー(奥斯卡/Oscar)。笑
ラップのアドバイスをする。

オスカー(奥斯卡/Oscar)「『屈しない』という歌詞を誰に聞かせたい?自分を非難する人でしょう。そしたらカメラに向かって言えばいいよ。」

続いて、蔑んだスタイリングを研究。
ウー・ハイ(吴海/Wuhai)が、ちょいワル風に、髪の毛をセットしてあげた。

また、Amu(羽生田挙武)から服やサングラス、アクセサリーを借りた。(奪った。)

こうして、クールガイユゥハン(吴宇恒/Wu Yuheng)が完成した。

 

周深先生のボーカルレッスンの場面。

痛いマッサージを受けた時の発声方法が、高音の発声方法に繋がる。それを練習生たちに体験させようと、先生がマッサージを施すが、ユゥハン(吴宇恒/Wu Yuheng)は淡々とマッサージを受けるだった。

また、重いもの(電子ピアノ)を持たせて、声を出させようとするが、ワンシン(甘望星/Gan Wangxing)は、声を出さず軽々と持ち上げてしまった。

思い通りのレッスンができない周深先生

ボー・ユエン(伯远/Bo Yuan)シャォ・ミンミン(邵明明/Shao MingMing)は笑ってる。)

憤りを覚え、部屋から出て行こうとする先生に、「ごめんなさい!ごめんなさい!笑」と言って、みんなで引き止めた。

レッスンは続く。「勢いが足りない!」ということで、先生は「一番嫌なことを思い出してみて」と言った。

ボー・ユエン(伯远/Bo Yuan)は、嫌なことを思い出すために、「アンチコメント」を聞くことを提案。

ちょくちょく炎上してそうな(ごめんね)シャォ・ミンミン(邵明明/Shao MingMing)のアンチコメントを周深先生が読む。

周深先生「(アンチコメント)彼にはこんなにファンがいるの?信じられない。今のファンってえぐいよね。」

それを聞いて、負の感情を感じながら、歌唱してみるシャォ・ミンミン(邵明明/Shao MingMing。勢いがあったが、歌い終わって、泣いてしまった。

周深先生は彼の肩をさすりながら、「大丈夫だよ。この業界に入ったならこういのうのに慣れなきゃ。次のアンチコメントも教えてあげようか?」と、ちょっといじわる。

シャォ・ミンミン(邵明明)「もう聞かないです!!」

周深先生「『泣いてばっかり』だって!」

シャォ・ミンミン(邵明明)「あ”ぁぁぁぁぁぁ!!」

(他のメンバー大ウケ)

果たして本番、勢いを表現できるのか。

筆者

ウー・ユゥハン(吴宇恒/Wu Yuheng)、イメチェンしても可愛いさは消えない。笑

チン・ロン(井胧/Jing Long)は人間味が無くなった感じがいいですね。

筆者

ボー・ユエン(伯远/Bo Yuan)兄さん、やっぱり器用!今回はロックスターのようで、デジモンの人と同じ人とは思えないくらいです。どんな雰囲気にも合わせられるの強いですね。
(今回のナルシズムな仕草は個人的にちょっと苦手だったけど…)

ニン(宁静)先生ガァン・ワンシン(甘望星/Gan Wangxing)、王子様見たいよ。でも、口を開いたらバレちゃうわね。ハッハッ。ごめんなさい。でも今日はよく歌えていたわ。」

【投票数1位】
➡︎ボー・ユエン(伯远/Bo Yuan)

ボー・ユエン(伯远/Bo Yuan)「この公演を含め、「5位まで決定する公演」はこれで5回目ですが、こういうので1位を取ったのは初めてです。全部が新鮮です。『応援してくれたのは君ですか?』と客席を見渡していました。」

筆者

ボー・ユエン(伯远/Bo Yuan)は2019年「青春有你1」にも出演。

そして全体投票数対決。

【全体投票数】
➡︎《創作》ラップ「頂点」の勝利

《創作》ラップ「頂点」』グループの防衛が成功した。

 

【余談ですが…】

中国プデュあるあるですが番組の途中、練習生たちが出演しているスポンサー企業のCMが流れます。

「ダーリーホワイトニング酵素歯磨き粉」のCMにて、練習生の歯が白すぎて、ちょっと笑ってしまいました…。笑

  

8組目《ダンス》Therefore I am

ビリー・アイリッシュの楽曲。

<メンバー>
ヒロト(井汲大翔)
Lelush(利路修)
シエ・シンヤン(谢兴阳/Xie Xingyang)
チャン·タン(张腾/Zhang Teng)
チャン·ヂャーユエン(张嘉元/Zhang Jiayuan)

★…センター赤字…TOP11圏内

▶︎練習ハイライト

天使2名と悪魔3名という役回りがある。

悪魔を担当することになったヒロト(井汲大翔)

ヒロト(井汲大翔)「日本の番組では、36位で落ちて、可愛いって言われるだけで何もできなかったし、違う魅力を見せようと思って。」

不本意に脱落を逃れてしまい、人気がウナギのぼり中のLelush(利路修)は、複雑な思いだった。

Lelush(利路修)「歳も若くないし、若い木だったらこうして形をえれるけど、年老いた木だったら…、折れるしかない。」

それでも、チャン·ヂャーユエン(张嘉元/Zhang Jiayuan)が、ボジティブな声を彼にかけ続けた。

果たして、本番はどうなるのか。

客席から、「吉祥弟弟(ヂーシャン・ディディ)!」っていう歓声が聞こえます。♪

筆者

いやぁ〜、映像エフェクトかけすぎのような。「ダンス評価」なのにダンスがよく見れなくて、残念…。(そうやって上手く見せようという戦略かもしれないが。)

表情はみんな良かった。

シエ・シンヤン(谢兴阳/Xie Xingyang)は、Nene先生(郑乃馨)の愛嬌自己紹介も考えてきた。披露してもらう。

Nene(郑乃馨)「萌え萌えハニー。君に会ったらインインイン♪」

(みんなで胸焼けリアクション)

筆者

でも、Neneちゃんだと、サマになるのよ。

(本編に無かったチョウ·チェンナン(周震南)Lelush(利路修)の愛嬌自己紹介、YouTubeにありました⬇︎)

Nene(郑乃馨)先生は、ポーカーフェイスLelush(利路修)にあるお願いをした。

Nene(郑乃馨)Lelush(利路修)、微笑んでくれないかな?」

微笑んで、指ハートをするLelush(利路修)

練習生たち「おおー!!」

ガァン・ワンシン(甘望星/Gan Wangxing)「全然期待していなかったよ!Lelush(利路修)がこんなことできるなんて!」

【投票数1位】
チャン·ヂャーユエン(张嘉元/Zhang Jiayuan)

そして全体投票数対決。

【全体投票数】
➡︎《創作》ラップ「頂点」の勝利

《創作》ラップ「頂点」』グループの防衛が成功。

  

9組目《創作》ダンス「Joker」

続いて、創作振付チームの登場。使用楽曲はEXOレイの楽曲だ。

avexサンタ(赞多/Santa)リーワン(力丸/Rikimaru)、ダンサーウー・ハイ(吴海/Wuhai)シュ・シャオラン(徐绍岚/Xu Shaolan)が集まった。優勝候補チームだ。

<メンバー>
シュ・シャオラン(徐绍岚/Xu Shaolan)
レン・インポン(任胤蓬/Ren yinpeng)
ウー・ハイ(吴海/Wuhai)
サンタ(赞多/Santa)
リーワン(力丸/Rikimaru)

★…センター赤字…TOP11圏内

▶︎練習ハイライト

センターについて話し合う。振付も決まっていない段階なので、センターは不要とした。

ウー・ハイ(吴海/Wuhai)「力丸先生は、すごい振付師だと思っている。」「彼は、隅っこで振付を作らなければならない。誰も彼を見ちゃいけないんだ。でないと緊張して、振付ができないそうだ。」

シュ・シャオラン(徐绍岚/Xu Shaolan)「(力丸先生は)ヘッドフォンもつけず、鏡も見ないで。空の上のどこかにいる。」

じっと座って脳内で振付を考える力丸…。

力丸「…っむずっ!」

(なかなかアイディアが浮かばない)

サンタ(赞多/Santa)「それくらい力丸は)アーティスティックな人だから。お腹が空いている時、ねむいた時、人がたくさんいる時、カメラの前だと、振付が全く作れない。だから、カメラから逃げました。すみません!対不起!」

2人は、カメラが無いトイレに逃げて振付や構成を考えた。

力丸はメンバーの特徴に合わせて(シャオラン(徐绍岚)は力強い、ウー・ハイ(吴海)は繊細、など)振付を考えた。 

ウー・ハイ(吴海)「僕の仕事も振付師なんだけど、今回僕にとっての挑戦は、あの2人と一緒に振付をすることです。最強のダンス能力者だと公認された2人だから、番組の前半ではずっと避けていた。だけど、第1回順位発表で、他のダンサーたちが脱落してしまった。このまま逃げてもしょうがないと思えきた。」
「力丸先生には全体の振付の方向性を考えてもらい、サンタと僕が振付の補助をして、一部の振付を作ります。」

ウー・ハイ(吴海)は、力丸パートの最初の振付を作った。

サンタ(赞多)「ウー・ハイ(吴海)の振付、良かったと思う。僕たちのチームみんな助け合っているように感じます。」

また、曲のアレンジはチェロ奏者レン・インポン(任胤蓬/Ren yinpeng)が中心に行う。他グループのフー・スチャオ(付思超/Fu Sichao)が編曲の補助をしてくれた。

レン・インポン(任胤蓬)はダンサー視点の意見を聞きながら、調整した。

リハーサル時、クライマックスの振付が未完成だった。リハーサルの合間に完成させていいく。

ウー・ハイ(吴海)「大事なのは、みんなにプロダンサーとは何なのかを知ってもらうことです。単純に、セクシーさや、かっこよさを表現するだけじゃない。本物のダンスは音楽を『踊る』ものだ。音楽に融合させて。音楽そのものを表現する。」

筆者

ウー・ハイ(吴海)の分量たくさんありがとう!

(↑サムネのシュ・シャオラン(徐绍岚)、力丸先生との記念撮影みたいでかわいい。)

ニン(宁静)先生ウー・ハーイ(吴海)!びっくりしちゃったわ!君はリーワン(力丸/Rikimaru)サンタ(赞多/Santa)と一緒でも見劣りしなかったわ。かっこ良かったわ」

R1SE周震南先生「今日、ポンポン(任胤蓬)のパフォーマンスを見て、すごく感動した。彼に以前『本当にボーイズグループをやりたいのか』と聞いたら、彼から『やりたい。必ずやってみせる』という答えが返ってきた。」「リーワン(力丸)サンタ(赞多)さんに感謝したい。彼らは自分たちのレベルをある程度キープしつつ、他の人を同じレベルまで引っ張ってきてくれた。創造営の目的の1つでもある『助け合い』がここで確認できた。」

筆者

チョウ·チェンナン(周震南/Zhou Zhennan)2000年生まれと彼自身若いはずなのに、毎回、良いコメントを残しますね。さすがさすが。

【投票数1位】サンタ(赞多)

そして全体投票数対決。

【全体投票数】
➡︎《創作》ラップ「頂点」の勝利

「頂点」グループのAKリゥ·チャン(刘彰/Liu Zhang)は、チャンピオン席を去るつもりだったが、またもや『《創作》ラップ「頂点」』グループの防衛が成功した。

 

10組目《ダンス》カニにちょっと挟まれた

原曲は、「カニダンス」で有名なタイの楽曲。

<メンバー>
グイ·シャンチィ(贵尚奇/Gui Shangqi)
Ichika(上原一翔)
ワン·シャオチェン(王孝辰/Wan Xiaochen)
Amu(羽生田挙武)
フ・イーファン(何屹繁/He Yifan)

★…センター

▶︎練習ハイライト

Amu(羽生田挙武)は、脱落してしまったYuu(喜内优心)と離れ、やるせない気持ちだった。(彼とは初回評価の練習の時からずっと一緒だった)

それを見て、フ・イーファン(何屹繁/He Yifan)は。チームに馴染んでもらったり、喜んでもらおうとあれこれ考えた。

そして、Amu(羽生田挙武)に、プレゼントとして、Yuu(喜内优心)等身大パネルを持ってきてあげた。笑 また、彼の心をケアするため、チームメイトで一緒に食事をしたり、一緒にいる時間を作った。

Amu(羽生田挙武)は、元気を取り戻し、楽しく練習をする。

Amber先生が来て、楽しく遊びながら練習をする。

グイ·シャンチィ(贵尚奇/Gui Shangqi)「宣言しますよ。我々のダンスを初めて見る人は必ず笑うでしょう。笑わなかったら、私は倒立して頭を洗います!」

(卓球ダンス…?)

筆者

そばかすメイクのフ・イーファン(何屹繁/He Yifan)、前回と全く違うイメージ!さすが!

ハン·ペイチュエン(韩佩泉/Han Peiquan)フ・イーファン(何屹繁/He Yifan)覚醒したわ。今のスタイルの方がしっくりくるね。」「もう弟子にしたくらいですよ。」

【投票数1位】Amu(羽生田挙武)

そして全体投票数対決。

【全体投票数】
➡︎《創作》ラップ「頂点」の勝利

《創作》ラップ「頂点」』グループの防衛が成功した。

  

11組目《ボーカル》僕のことを思い出さないで

最後のチームの登場。楽曲は、切ないラブバラードだ。

ボーカル力のあるメンバーが集まった。

<メンバー>
ナイン(高卿尘/Gao Cingchen)
パトリック(尹浩宇/Yin Haoyu)
Mika(米卡)
チャン·シントゥ(张星特/Zhang Xingte)
ユ・グァンイン(俞更寅/Yu Gengyin)

★…センター赤字…TOP11圏内

▶︎練習ハイライト

センターに立候補したのは、Mika(米卡)以外の4人

それぞれパートと歌い、他のメンバーの投票で決める。結果、3票を獲得したユ・グァンイン(俞更寅/Yu Gengyin)となった。

リーダーは、立候補でナイン(高卿尘/Gao Cingchen)になった。温厚なリーダーだ。

ユ・グァンイン(俞更寅/Yu Gengyin)ナイン(高卿尘)は、ほんと可愛いんです。『ナイン、もう一度歌わないかい?』って言うと、彼は『うん!いいね、リーダー!』って言う。『なぜ僕のことリーダーって呼ぶの?』って言うと、彼は『うん!僕はグループのリーダーだけど、君は僕のリーダー!』って言うんだ。タイのイントネーションが(かわいくて)、…キュンっとします。」

筆者

それを話している君が可愛いよ

リーダー初経験のナイン(高卿尘/Gao Cingchenに、ユ・グァンイン(俞更寅/Yu Gengyin)は提案やフォローをして助けた。

恋愛事情を聞く創造営スタッフ

スタッフ「この曲は、ラブソングです。どのようにこの曲の感情的な部分を理解しますか?」「恋愛経験はありますか?」

ナイン(高卿尘/Gao Cingchen)「もちろんありますよ〜!でも、何年も前ですね〜」

スタッフ「彼女がいた事がありますか?」

パトリック(尹浩宇/Yin Haoyu)「尹浩宇は、働かなければなりません。なので、ロマンスもできません。」

(模範回答)

筆者

突っ込むね〜。
でも17歳にそれ聞かなくても^^;

それぞれ、ママ、お祖父ちゃんなど「家族」、「応援してくれるファン」への感情を、この曲で表現する。

パトリック(尹浩宇/Yin Haoyu)は、歌詞の理解を深めるため、英語ができる別グループのチョウ・クーユ(周柯宇/Zhou keyu)に、翻訳や発音の練習を手伝ってもらった。

 

周深先生の歌唱レッスン。

腹筋の使い方や高音を出し方を教わる。

ナイン(高卿尘/Gao Cingchen)「先生が、僕の高音が綺麗と言ってくれた。モチベになります。」

周深先生チャン·シントゥ(张星特/Zhang Xingte)のやりすぎるビブラートの癖も指摘した。

チャン·シントゥ(张星特/Zhang Xingte)周深先生は、芸能人としての距離感ではありません。先生としての距離感でもありません。テクニックを教えるのではなく、どうやって話すように歌うかを教えてくれます。」

Mika(米卡)は、中国語の習得も頑張った。

中国語でパトリックに話しかけるMika(米卡)「今日の君の化粧、いいね。」

 

本番どんなステージを見せるのか。

筆者

上手ー!(拍手)
高音の掛け合いは2:06から。

パトリック(尹浩宇/Yin Haoyu)の特徴的な中低音の声、いいですね。

ユ・グァンイン(俞更寅/Yu Gengyin)ナイン(高卿尘/Gao Cingchen)の突き抜ける高音、凄い!

舞台後、涙が溢れるユ・グァンイン(俞更寅/Yu Gengyin)。昔からずっと応援してくれたファンが観客席にいたのが見えたそうだ。

みんなで「Unbreakable Love」をアカペラで披露した。初回評価で、ユ・グァンイン(俞更寅/Yu Gengyin)Mika(米卡)チャン·シントゥ(张星特/Zhang Xingte)が歌った曲だ。

【投票数1位】ナイン(高卿尘/Gao Cingchen)

そして全体投票数対決。

2チームの差はわずか9票だった。

【全体投票数】
➡︎《創作》ラップ「頂点」の勝利

《創作》ラップ「頂点」』グループが11組の中で最も多くの票数を獲得し、チャンピオンとなった。

 

MVPは?

控え室にて、この第2公演の結果発表。

【グループ1位】
➡︎《創作》ラップ「頂点」

【個人投票数1位】
同率1位が2名(174票)

AKリゥ·チャン(刘彰/Liu Zhang)
(《創作》ラップ「頂点」)

ナイン(高卿尘/Gao Cingchen)
(《ボーカル》僕のことを思い出さないで)

筆者

前作は、Neneが個人投票数1位でした。

 

以上第2回公演(ポジション評価バトル)でした。

次回は第2回順位発表にて、22名が脱落します。(涙)

 

▼続きの記事(第7話)


第7話
《サンタ号泣》第2回ランキング発表(55→33名)創造営2021の感想 Ep.7
 続きをチェック▶︎          


 

視聴はこちら↓(日本語字幕つき)
WeTV公式サイト:
https://wetv.info/StreamingNow
これまでの全エピソード無料で視聴可能。

※スマホの場合は、アプリのインストールが必要。
PCの場合はそのまま視聴可能です。