【やりたい事がわからない!】内向的な人が「好きな事」を見つけるためには?

「好きな事で生きていくのは難しい」と言われている社会の中で、「好きな事で生きていくなんてどうせ無理だ…」と心の中の気持ちに蓋をしてしまっている人も多くいるでしょう。

特に内向的な人は、社会に順応するため、知らないうちに自分自身の「好きな事」に目を背けるようになった人も多いかもしれません。

私も「四年制大学を卒業して一般企業で正社員として働いて生きていく」という勝手な固定概念があり、いつの間にか「自分が本当に好きな事」の存在を無視していました。無視し続けた結果、本当に好きな事ややりたい事がわからなくなってしまいました…

 

「自分の本当に好きな事」とは一体なんだ!?

自分の好きな事がわからない人、確信が持てない人、下記の質問に答えてみてください。

◆本当に好きな事を見つけるための3つの質問

Q1 「子供の頃に大好きだった事はなんですか?」

Q2 「自分がうらやましいと思う事はなんですか?」

Q3 「お金をかけても学びたいと思う事はなんですか?」

いかがでしょうか??

私の場合は下記のような答えになりました。

【例:私の場合】

Q1 「子供の頃に大好きだった事はなんですか?」

→家で、チラシの裏に絵を描く事が好きだった。家族や友達の絵を描いて、それを本人に見せる事が好きだった。

Q2 「自分がうらやましいと思う事はなんですか?」

→会社員だった頃、フリーランスで自由に、自分のペースで働く友達を羨ましく思っていた。

Q3 「お金をかけても学びたいと思う事はなんですか?」

→パソコンのソフトを使って絵を描く事と印刷物を作る事に興味があり、実際、DTPスクールにお金を出して通った。

これらの質問から、自分は「絵を書くことが好き」という事がわかりました。
そして現在、個人向けにパソコン上で似顔絵を描くサービスを行っています。もちろんそれだけで安定した収入を得る事は難しいですが、正社員時代には味わえなかったような仕事の満足感をひしひしと感じています。

 

とはいえ、「好きな事で生きていく」のは覚悟がいる事・・・

「好きな事で生きていく」とネットで検索をすると、「難しい」「無理」というネガティブな関連ワードが多く、それらのサイトは「好きな事で生きていく」上でのリスクと厳しさを教えてくれます。

「好きな事で生きていくなんて現実社会から逃げたいだけじゃないか?」
「収入を気にせず好きな事に没頭できる人だけが生きていける。君にその覚悟はあるか?」

実際、収入は安定しないし、「収入ゼロ」という期間も発生するでしょう。頑張っても成果が出ず報われない可能性も大いにあります。それらの現実に対して「それでも好きな事で生きていくんだ!」という覚悟があれば素晴らしい事ですが、ちょっと不安を感じる人もいるでしょう。そんな人におすすすることがあります!

 

安定した仕事をしつつ、好きな事を副業として始めてみる

いわゆる「副業」というものです。イラストやデザイン、お悩み相談など、自分の何かしらのスキルに自信があるのならば、「ココナラ」というサイトで個人でスキルを販売する事ができます。「スズリ」というサイトでは、簡単にバッグやiphoneケースなど自分がデザインしたグッズを売り事ができます。音楽作りが好きならば、「Soundcloud」「youtube」で世界中に配信する事もできるでしょう。また最近では、小嶋陽菜さんがCMに起用されている「BASE」というサイトで、自分のネットショップをオープンすることもできます。

「働きながらだとなかなか時間が厳しい」という方、最近では、週4・週3勤務、時短勤務、WワークOKなどフレキシブルな働きを推奨している企業も数多くあります。副業にどれだけ時間を要したい見極め、安定した仕事とバランスをとりながら、自分の好きな事をはじめてみるのはいかがでしょうか?

経験や実績を積んで、好きな事で生きていく「覚悟」が生まれてくるかもしれません。