【日プ】いよいよ最終回!ファイナリスト20名紹介!その2

ファイナリスト紹介その1は下記からどうぞ ⬇︎⬇︎

【日プ】いよいよ最終回!ファイナリスト20名紹介!その1

筆者について
元Kpopオタク、PRODUCE 101シーズン1、2にどハマりしていた。 
オーディションサバイバル番組大好き。

 

河野 純喜(こうの じゅんき)

11週目順位:11位
1998年生

愛称:純喜

明るく面白いかっこいい奈良のお兄ちゃん。

なんと、この日プを就活の一環で受けているという、スーパー就活生です。
関西の名門大学の学生だそうです。(喋り方が大学生だなーという印象)

未経験ですが、歌が上手く、課題曲「Fire」「Domino」の人気者グループでメインボーカルを務めました。
ダンスも未経験ながらよくやっています。今後もっと自信を持って踊れるといいと思います。

性格は明るく面白く、おそらくクラスみんなに優しい人気者タイプではないでしょうか?笑
與那城くんや安藤くん年上の前では無邪気な弟、港人くん來良くん年下の前だと、優しくて面白いお兄ちゃんという感じで、親和力のある人物です。

 

▶︎筆者イチ推しPoint

就職活動のフィニッシュは、「アイドル」となるか!?
彼は果たして、名門大学に「就職先は吉本興業、職種はアイドルです」と就職報告しにいくのでしょうか?
まるでネタのようですが、本当にアイドルになって「夢を与えられる」仕事をしたいということを、順位発表などのスピーチで感じます。芯のある人物だと思います。

 

井上 港人(いのうえ みなと)

11週目順位:12位
1999年生

愛称:港人

かっこいいダンスが得意な八重歯ボーイ。

コンセプト評価バトルで総合1位になり、10万票を獲得し、見事ファイナルへ進みました。

「クランプ」というダンスを得意としています。
コンセプト評価バトルの課題曲「クンチキタ」(HIP-HOP)、個人的に港人くんがぶっちぎりでダンスが上手でした。
HIP-HOP曲のダンスは、上手い人は本当に上手さが際立つんです。それが港人くんでした。

ラップパートもよく練習したようです。低音系のゴリゴリラップで良かったです。

パフォーマンスでは果敢にセンター争いに挑戦したり、と男気を見せてくれますが、
普段は喋り方がゆるかったり、ちょっとシャイな面があったりと、ギャップがかわいいです笑

 

▶︎筆者イチ推しPoint

努力家なヒップホップボーイ。ダンスに注目!
たぶん、初回と比べて痩せました。見た目もかっこよくなりました。陰で努力しているのでしょう。
そして総合1位も獲得してどんどん自信もついているのではないでしょうか。
最終回で披露するGrandMasterという課題曲、港人くんのダンスが映える曲調だと思います。是非ダンスに注目!

 

佐藤 景瑚(さとう けいご)

11週目順位:13位
1998年生

愛称:景瑚、K-5、佐景

見た目がおしゃれNo.1。名前もおしゃれ!

スタイルもいいし顔もいいし、モデルのようなルックスです。
ダンスも歌もそつなくこなし、いつも余裕のあるパフォーマンスを披露します。

その見た目から序盤では「おしゃれでクールな人」なのかな、と思っていたのですが、後半になるにつれて、面白さが見えてきました(笑)頭おかしい系の面白い人だと思います(笑)舞台裏などではふざけているイメージがあります。笑

 

▶︎筆者イチ推しPoint

いるだけで華やかな人物!ずっとモテてきたんでしょ!あなた
道端で後ろ姿を目撃しただけで足を止めちゃいそうな、おしゃれさとオーラーを持っています。笑
どんな衣装も着こなしちゃうことでしょう!
そして、漂うモテ男オーラ。はぁ…。


金城 碧海(きんじょう すかい)

11週目順位:14位
2000年生

愛称:すかい、ゴールデンスカイキャッスル

魅力満載の19歳!クールに見えてバリバリの大阪人。

歌ダンス経験浅いながら、上手くやっています。自分の魅力を出せています。
特に歌が上手く、ちょっとハスキーで低い声が魅力です。「BlackOut」という大人っぽい曲では、低音の効いたラップを披露し、それに落ちた国民プロデューサーが多くいました。

曲のコンセプトによって全然違う姿を見せてくれる多面的な魅力のある人だと思います。
そして2週目85位から、14位まで順位を上げました。

大人っぽくクールそうな見た目ですが、中身はごりごり大阪弁を喋る面白い男の子です。たまにかますボケが、面白いです。笑 そして熱い一面も見せてくれます。

 

▶︎筆者イチ推しPoint

その甘い歌声を披露しておいて、まだ未成年!
年齢的に昨年まで高校生だったなんて信じられません。スタイルもよく、空手もできて、海外受けもしそうなルックスです。
これからどんなステージを見せてくれるのか期待ばかりしてしまう人物です。

 

大澤 駿弥(おおさわ しゅんや)

11週目順位:15位
1997年生

愛称:駿弥、おおさわ、セミダブル

バラエティ班おおさわ!面白さと繊細さも併せ持つ

放送前の自己紹介動画で、熱々うどん?を食べたり、ツカメの個人Camのエンディングで自分の拳食べたり、と奇想天外な芸人キャラで、番組放送当初から注目されていました。

パフォーマンスの面では一転、ダンスや表情演技でクールな一面も見せています。ただ「歌やラップ」に苦手意識があるようで、葛藤している場面が放送されました。回を重ねる毎によくなっています。

愛されキャラのようで、いろんな練習生と絡んでいる姿をみます。(いい奴だな、おおさわ…。)
とても空気を読める人なのでしょう。

ばっちりメイクをしてたり、喋り方が「今時の女子!」という感じだったり、ジェンダーレスな雰囲気を持つ人です。

 

▶︎筆者イチ推しPoint

笑わしてくれるキャラいりません?
放送開始前からの大澤の愉快さのおかげで、「面白い奴いる。日プ見るの楽しみ!」と、なりました。
彼は空気を読んで場を盛り上げられる人だと思います。

 

本田 康祐(ほんだ こうすけ)

11週目順位:16位
1995年生

愛称:本田くん、やすくん、やすぽん、本田の兄貴

時には厳しい指導も。ダンスはキレキレな兄貴。

元々グループ活動してたりと経験値のある彼。
勝利のため、嫌われ者になってでも、他の練習生に厳しく指導する姿が印象的で、その兄貴肌から「本田の兄貴」といわれています。

ダンスは上手なのですが、歌に苦手意識のあるようで、高い音が出ず苦戦している姿をよくみます。
ファイナルでは、特徴的な声を活かして、ラップに挑戦するようです。(いいと思う!)

そして初回に比べて、本田くん、痩せたのでしょうか。髪型の影響かもしれませんが。顔が一回り小さくなって、かっこよくなりました。

 

▶︎筆者イチ推しPoint

頼れる兄貴。喋りもできます!
蓮くんも信頼を置いている人物のようです。その経験を活かしてグループを引っ張れる存在でしょう。
また、グループに1人は欲しい、トーク回せる人です。笑

 

床波 志音(とこなみ しおん)

11週目順位:17位
2000年生

愛称:しおん、床波

94位から急上昇!もう一度聞きたい歌声を持つピュアボーイ

放送直後はあまり注目されていなかったのですが、ポジション評価バトルでbacknumberの「HAPPY BIRTHDAY」で魅力的な歌声を披露して、人気が急上昇しました。

高校まではずっと水泳をがんばってきたようです。頭も良く名門大学生です。そのため歌ダンス未経験。ダンスは苦戦しているように見受けられます。(練習がんばれ!)

性格は、喋ると熊本の方言が出てふわふわして可愛らしい雰囲気です。仲の良い練習生の前だと饒舌に楽しそうに話して、普通の男の子という感じです。しかし、ステージ上では、「アーティスト、SION」に豹変します(笑)憑依型のアーティストです。

 

▶︎筆者イチ推しPoint

とりあえず歌声聞いて!そして純粋なプデュファンのシンデレラストーリーを見たい!
床波くんは歌唱力がある!というよりも「もう一度聞きたい歌声」です。天性のものでしょう。
そして彼は、プデュをずっと見ていたようで「キム・ジェファン※のようになりたい」と言っていました。
私みたいなプデュファンは「どうにかしてそうなって欲しい、そしていつかジェファンと歌って欲しい」願ってしまします。
(そう、床波くん、MyPickです笑)

※キム・ジェファン→PRODUCE101season2に出演し、デビューグループ(WannaOne)に選抜され、メインボーカルを担当した。

 

今西 正彦(いまにし まさひこ)

11週目順位:18位
2001年生

愛称:Hico

強烈なキャラクター。天才肌のダンサー

彼も番組放送前から自己紹介動画で注目されていた一人です。

ダンスが上手なのですが、踊りにクセがあり、トレーナーから指摘されていた場面がありました。
そのため「グループでのダンスになると悪目立ちしちゃうかな」という不安があったのですが、いざグループパフォーマンスを披露するとHicoのセンスの良い振り付けが際立ち、とても楽しませてもらえるステージを見ることができました。
そう彼は、高校生ながら、パフォーマー兼クリエイターとしての才能を持っており。「エンターテイメント」を見せてくれる天才肌の練習生です。

歌唱面では、ラップパートが多かったのですが、どうしてもHico独特の発声?が気になります。
最終回ではパートの多いサブポーカル1を担当するようで、歌唱面でどうなるのでしょうか!?

 

▶︎筆者イチ推しPoint

楽しそうにダンスしているHicoを見て!
ファイナルで披露するGrandMasterという曲、Hico自身もやりたい曲みたいで、雰囲気もHicoのダンスに合うと思います。
見せ場の多いパートなので、天才高校生ダンサーHicoに注目です!

 

佐藤 來良(さとう らいら)

11週目順位:19位
2001年生

愛称:らいら

置かれた場所で一生懸命花開こうとする八重歯ボーイ。

素からアイドルだなーと思う子です。
最初の頃は、EXILE系の子だなーと思っていたのですが、番組が進むについれてどんどん可愛い雰囲気になっていきました。笑

歌が上手で、丁寧に歌う姿が印象的。初回クラス分けテストでA(最高ランク)でしたが、ダンスについていけず再評価でBにランクダウンしてしまいました。悔しそうな姿がありました。
それ以降、分量が少ないですが、どんな課題曲でも前向きに一生懸命こなしていく姿が印象的。ダンスも全然踊れるようになっています。

 

▶︎筆者イチ推しPoint

ナチュラルかわいい、赤ちゃんライオン!たまにかっこ良く!
八重歯見せて笑ったり、首を傾けたり、可愛いポーズしたり、と「あ、この子自分のかわいさ、わかってるわー」と、思うところがあります。
個人的に、ファイナリストで來良くんが一番可愛いです。(こんな息子がほしい)
「HappyMerryChiristmas」という課題曲では、來良くんのかわいさ爆発でした。
かわいい人かと思えば、意外と身長が高く、かっこいい一面も見せたりと、魅せ方の上手な子です。

 

宮島 優心(みやじま ゆうご)

11週目順位:20位
2001年生

愛称:ゆうご

みんなにかわいがられる童顔の18歳。

かわいい童顔のお顔から、番組放送前から注目されていました。

コンセプト評価バトルの課題曲「やんちゃBoy、やんちゃGirl」ではセンターを務め、その魅力を十分にアピールしていました。
軽やかに踊るダンスが見ていて気持ちがいいです。歌はちょっと高音が苦手そうですが、いつも一生懸命にこにこ歌っています。

みんなの弟キャラかと思えば、年下の高校生の前ではお兄ちゃんっぽかったりと、見た目とは違い、意外と男らしい面もあるのではないか、と思っています。笑

 

▶︎筆者イチ推しPoint

サバイバルに迷い込んだトイプードルかわいさだけじゃないよ!
番組序盤はかわいい場面ばかりクローズアップされていましたが、後半に進むにつれ、サバイバルに向き合う優心くんの真剣な顔などが見れました。そっちの方が、個人的には好きよ笑。最終回で、かっこいい大人っぽいコンセプトで踊る優心くんに期待!
またSHINeeに憧れて、アイドルになろうと思ったそうです。SHINee踊ってる姿見たい!

 

以上、ファイナリスト20名の個人的見解での紹介でした!
いよいよ12/11 19時からTBS系で放送され、デビュー組11名が決定します。

番組放送中に投票ができるので、ぜひあなたの推しメンに投票を!