日プ6話【辛口感想】文化祭じゃないんだから!PRODUCE101JAPAN感想2(ネタバレ含む)

<おことわり>
今回、少し辛口で書いてます。不快な思いをされる方もいらっしゃるかもしれません。
本気で、日プから「世界で活躍するグループ」誕生を期待しているがゆえです。ご了承ください。

 

第6話感想パート1は下記記事で書いています⬇︎

【第6話】1位川尻蓮が1番目に選んだ練習生は◯◯!日プ感想その1(ネタバレ含む)

筆者について
元Kpopオタク、PRODUCE 101シーズン1、2にどハマりしていた。 
オーディションサバイバル番組大好き。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK [ PRODUCE 101 JAPAN練習生 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2019/12/13時点)


 

LOVE ME RIGHT チーム

課題曲は、EXOのグルーヴ感のある一曲。

メンバー
宮島優心、佐藤景瑚、木全翔也、中里空、中本大賀、岡田武大

 

ラミライ組ハイライト

・ラップ2枠に対して、ラップ希望が3名。(宮島、岡田、中本) 他の3人で相談して、岡田宮島になる。
 木全「(中本の)ラップ、1番いいなと思った」
 中里「大賀くん良いけど、声がよいからボーカルしてほしい」
・理由に納得がいかなかった中本。(彼は今回の評価でラップを披露すると決めていた)
・他の練習生の前で披露することに。多数決で中本に変更。
・しかし、またメンバーから「優心がラップをやるべきだと思うけどどう思う?」と言われる。
・「ラップは大賀がいい」と思っているのは自分だけ。「自分は、このチームにいていいのか‥」と涙する中本。
(チーム内で味方が誰一人いなくなる状況は、辛いよな〜)
再びパートを戻したが、中本は気持ちの整理がつかず練習に戻れなかった。他のチームが声をかけて励ます。
・3時間後、練習に戻り、みんなに謝る中本
・気持ちを切り替えてみんなで練習に励む。

 

LOVE ME RIGHT パフォーマンス

(辛口失礼します!)
「学年でちょっと人気のある男子たちが、文化祭でEXO踊って、女子たちにキャーキャー言われてみた」
そんな印象でした。

メインボーカル空くん、高音が上手く出せませんでした。しかし誰かは必ずメインボーカルやらなきゃいけなかったので、挑戦した心、ナイスファイトと思います。
いやでも、ボーカル抜きにしても…、
あんなに争ったラップ、微妙。
岡田→抑揚がない。宮島→焦りすぎてる。
(ラップパートは中本に同情したので、ちょっと厳しめに言っちゃいます)
ダンスも上手いんだけど‥、なんかグッとくるものがない
(センター木全、特に上手いので、表情演技がよくなること期待。)

振付けは、ほぼ原曲通り。そうするとなおさら「カバーダンス」感が増しちゃうし、本家と比べて見てしまう…。
ダンスでもっと見せ場を作るか、もう少しボーカルが歌いやすいように振付・構成にアレンジ加えるかしたほうが良かったかも。

このチームは、「目指すべきレベル」をしっかりと描けなかった、と思います。
厳しく言ってしまうのは、「Aクラスが3人いる」というチームでしたので、期待が大きかったためです。

とにかく、もったいなかった…。
次、いい姿が見れる事を期待しています。

チーム内投票数順位

1位 木全(2万票獲得)
2位 宮島
3位 佐藤
4位 中本
5位 中里
6位 岡田

 

if… チーム

課題曲は、DA PUMPの2000年に発売された楽曲。
「お母さん世代が上がる」by床波

メンバー
青木聖波、北川暉、福地正、岡野海斗、床波志音、西尾航暉

 

イフ組ハイライト

・自称マイペースが揃ったチーム。
・リーダー立候補者が複数いたが、リーダーは北川に決定。
・センターも立候補者が複数いたが、最後のセンターパートを歌い決める。床波に決定。(メインボーカルも兼ねる)
・振り付けは、リーダー北川が担当。ダンス未経験者にも丁寧に教える。
・順調だと思っていたが、A-NON先生に「何も伝わってこない。見せ方変えたほうがいい」と言われる。
・それぞれ危機感を感じ、本気になっていく。お互い言いたいことを言う関係に。
北川「歌詞(の紙)見てないで、早く覚えろよー!」
床波「いや、サビがわかんないんすよ」
(めずらしく声を張る床波。このやりとりなんかいい。笑)
・しかし前日のリハーサルでも、トレーナーに「パワーがない」と言われてしまう…。

 

 

if… パフォーマンス

また床波が全部もっていっちゃったな感です。
とりあえず床波志音の歌唱力と、ステージだと別人になってしまうスター性は、よーくわかりました。
菅井先生「志音ってステージなると変わるんだよね。普段はふっつうなんだけどね〜」(「ふっつう」の言い方!笑)

全体のステージで見たとき、トレーナーが言うように、なんかふわふわしてる感はありますね。

他の防弾少年団やEXOなどの曲は、元々センスの良い振り付けがあって、それをアレンジしてるチームが多いのですが、このチームは、独自の振り付けでやってみたみたいです。
確かに、北川君くらい踊れる子だったら、いい感じになったかもしれませんが、今回はちょっとダンス経験が浅い子が多かったので、全体的に締まらなかった。

でもその分、歌唱面とラップで頑張ったのではないかと思います。

 

チーム内投票数順位

1位 床波(2万票獲得)
2位 岡野
3位 北川
4位 福地
5位 青木
6位 西尾

 

Fire チーム

課題曲は、BTSの男気と勢いのある楽曲。
あれ河野純喜?と思ったらジミンでした。(視力…笑)

メンバー
豆原一成、ヨンフン、鶴房汐恩、ユンドン、河野純喜、磨田寛大

 

ファイア組ハイライト

安倉先生「(豆原に)ブルタルオネどういう意味?」
答えちゃうヨンフンユンドン
先生「おい、韓国勢手伝うな(笑)」
豆原「プレッシャーはあるけど、そこに勝ってこそセンターになれる」
・勇気をだして「豆ちゃんチーム」に入った磨田だが、ダンス未経験のため苦戦。
ユンドン「今はかっこ悪いとか気にしなくて大丈夫。今はこの振り付けの雰囲気を合わせるのが大事」
ヨンフン「歌詞見ながら、漢字べんきょできる」
磨田「普通だったらこんなメンバー入れない。覚えが悪いんんですけど、(他メンバーが)いっぱい教えてくれてここまで踊ることができました。(涙)」豆ちゃんも、ウルっときている。

 

Fire パフォーマンス

安定してます。
韓国勢は、やはり余裕ですね。
そして前回「俺、かっこいい表情とかできなーい」と言っていた豆ちゃん…、覚醒してます!

あまりクローズアップされなかったメボ河野純喜
未経験ながら、他の練習生に劣らず歌えており、ナイスファイトでした。

 

チーム内投票数順位

1位 豆原(2万票獲得)
2位 鶴房
3位 ユンドン
4位 ヨンフン
5位 河野
6位 磨田

1位になれた豆ちゃん、「みんなのおかげです」

 

グループバトル感想 

今回1位を取った練習生は、全員センターでした。

そして、やはり、日プは「歌って踊ってきた経験のある練習生」が少ないため、韓国版と比べるとレベルが低い印象です。

(願わくば、一旦休止して、最低限の「ボーカルレッスン」「ダンスレッスン」「ラップレッスン」を受けてから、サバイバル再開してほしい。)

 

「日本では、応援したくなる子がウケるんだよ」という国プさんもいらっしゃると思いますが、この番組の目的は、

「世界で活躍するボーイズグループ」を作る

ことです。
やはりこの目的を達成するには、それなりの実力、マインドを持った練習生が必要なのかな、と思います。

    

第6回、順位発表

川西拓実が川尻蓮を抑えて、1位になりました。

 

次回、第7話は?

次回は残り7組のパフォーマンス。
1位になるグループは誰?

 

 

筆者よりお詫び

ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

日プ第7話以降の感想ブログは更新しておりません。中途半端な更新となり申し訳ございません。

続きが気になる方、GYAO!で全12話が無料配信されていますので、そちらをご覧ください。 

m(_ _)m

 

  • 最新記事
  • 人気記事