【10ヶ月】慎重派の私が家庭用光脱毛器(9999円)を使ってみた(イラスト画像|経過レポ)

 

結論から申し上げますと、ワキの脱毛の効果がありました!

今回は、慎重派で面倒くさがり屋な筆者が、光脱毛器でセルフ脱毛を10ヶ月間続けた効果や感想をレポートします。

 

筆者について

・アラサー。慎重派。面倒くさがり。
・7年前に脱毛サロンに4回ほど通ったが、途中で通うのが面倒くさくなり行かなくなった。
・以降、毛はシェイバーで剃毛して処理。
・肌は白め。毛の濃さは普通。

 

 

 

10か月間使用した脱毛器

家庭用脱毛器は5〜10万と高価なイメージがあり、ずっと購入を躊躇っていました。

しかし最近では、2万以内で手に入る脱毛器がたくさんあります。
ただ安いと、今度は品質に不安が生まれるので、なるべくレビューの高い商品を、慎重に探していました。

 

そして購入したのがこちら⬇︎

 

⬆︎口コミが良く、1万円以下と手が出しやすかったので、こちらの商品を購入してみました。

 

商品の詳しい説明とレビューは最後に書きます。

⬇︎先にレビューを見る

  

セルフ光脱毛を行った部位

ワキ・腕・スネ、そしてVIOのVです。

  

部位によって、効果が異なる

脱毛する箇所によって、以下の違いがあることがわかりました。

✔️部位による違い
1. 照射する時の痛み
2. 毛の薄くなるスピード

 

使用した脱毛器は、毛根に当てる光の照射レベル(フラッシュ強度)を5段階から選ぶことができます。 

照射レベル(フラッシュ強度)が高い方が、効果の即効性を期待できますが、その分皮膚への刺激が強く、痛みを感じやすいです。

 

  • 注意

・照射レベル(フラッシュ強度)は、肌色の濃さや毛色に応じて調整しなければなりません。
(一般的な日本人種の肌ならば、高いレベルで照射可能ですが、肌をこんがり焼いている人は注意が必要です。肌の色が濃い人は光を吸収しやすく、皮膚過敏のリスクが高まるので、調整が必要になります。)

   

 

どれほどの痛みか?

(※最適な照射レベルは、個人差があります!あくまで参考程度に!)

  • 私の場合…

[スネ]
➡︎照射レベル5(最大)で全く痛くない。
 
[ワキ]
➡︎照射レベル5(最大)でチクっとする程度。
 
[VIOのV]
➡︎照射レベル5(最大)は、そのままでは痛い。
 (必ず保冷剤で冷却してから照射しないと痛すぎる。)

私の場合、VIOのVは、他の部位に比べて低い照射レベルにしていたので、効果が出るのが遅いと感じています。

(徐々に薄くはなってきているので、地道に続けます。)

   

スポンサーリンク

  

痛みを軽減する方法

日頃痛みを感じない箇所でも、暑い日など、身体に熱がこもっている時は、いつもより痛みを感じやすいです。

そんな時は、保冷剤などで冷やしてから照射すると痛みが軽減されます。

  

また、冷却機能付きの脱毛器も多く売っていますので、痛みが心配な方はそちらの購入をオススメです⬇︎(お値段は高くなりますが・・・)

   

脱毛の周期(頻度)について

使用した脱毛器の照射するタイミングは、以下の通りです。(説明書に記載あり)

 照射の周期
・使用1〜4回 …1週間に1回。
・使用5〜8回 …2週間に1回。
・使用9〜12回 …4週間に1回。
・13回以降は、状況を見ながら行う。

 

★ワキ脱毛 画像レポ(10か月)

今回、一番効果を出したかった「ワキ脱毛」の10か月間の観察記録を自作イラストを用いてご紹介します。

※ずっとワキの写真を撮って残していたのですが、晒すのはやはり抵抗がありました…。
そのため、代わりとなる脇毛のイラストを作成しました。笑

  

イラストとはいえ毛を見るのが苦手な方は、
閲覧にご注意ください⬇︎

  

 

脱毛前のワキの様子

こちらは、前日の夜にシェイバーで剃ったワキの様子です。

・剃っても、翌日には剃り後(黒いブツブツ)が目立つ。
・夏に「脇の空いた服」が着れないのが長年の悩み。

   

[7/26] 1回目照射

・初照射。
・1番弱い照射レベル1からスタート。
・照射した後は、特に変化なし。

[7/30] 1回目照射3日後

・照射1回目の3日後の様子。
特に変なし。(いつもの毛の伸び具合。)

 

・照射2回目は、照射レベル3にして照射。
・その後も、特に変化なし。

  

[8/12] 3回目照射3日後★効果アリ

・3回目は、照射レベル4にして照射。
・3日後、少し効果が現れる。

   

⬇︎照射1回目と比較してみると、若干ですが、以前より毛が薄くなってきました。

    

そして、4回目の照射後に気づいたのですが、伸びてきた毛を優しく引っ張ると、すぐに抜け落ちるようになりました。

   

[8/30] 5回目照射3日後 

照射レベル5(最大)にして照射。
・毛が抜けて、薄くなってきた。

 

照射1回目の様子と比べると一目瞭然です⬇︎

  

[9/27] 7回目照射3日後

・毛が生えている範囲が狭くなった。

 

[11/2] 7回目照射約30日後(サボり発生)

この期間はまだ2週間に1度、照射するべきだったのですが、怠り、照射の間隔が空いてしまいました…。

そのため、濃い毛がまた生えてきました。

(しかし、再び照射すれば、すぐに薄くなります。)

 

[12/4] 8回目照射約30日後

・1週間剃毛しないで放置しても、毛が目立たなくなった。

 

 

 

その後、照射は1〜2ヶ月に1度ペースで行いました。

 

そして約6ヶ月後…

   

[5/28] 14回目照射3日後

・薄い毛が10本ほど生えている程度。

 

 

【効果歴然!】1回目と14回目のワキの比較画像

 

以前、夏には2日に1度剃毛しないといけませんでした。
しかしセルフ脱毛を始めた現在は、剃毛の頻度がかなり減り、とっても楽になりました(週に1回程度でだいぶ綺麗になる。)

 

そして念願の「ノースリーブ」や「脇の空いた服」を気兼ねなく着用できるようになりました!

   

暑がりの私にとって、本当にそれは嬉しい限り…( ; ; )

 

スポンサーリンク

★使用した家庭用IPL脱毛器YM-364のレビュー 

基本情報
【Next Beauty YM-364】
・IPL方式※
・50万発照射
 (全身で必要なフラッシュは2,000回なので、1人で15年使える計算。)
・重さ240g

※IPL(インテンス・パルス・ライト)方式脱毛とは、「光脱毛」のひとつで、メラニン(黒い部分)に反応する光を照射し、毛根にダメージを与え、発毛を抑える脱毛方法。レーザー方式ほど痛くないと言われている。

  


取扱説明書・電源コード・保護サングラス・カミソリが付属されています。

 

 

良かった点・気になった点

  • 良かった点
  • 1万円以下とお手頃。
  • カートリッジの交換等は無し。
  • コンパクトで軽い。(缶コーヒくらいの重さ)
  • 脱毛の効果があった。
  • 肌トラブルはなかった。(個人差あります)
  • 約1年間使用して、脱毛器に不具合が発生することはなかった。
  • 気になった点
  • 中国製品っぽい…?

 

 

開封後、付属品のカミソリのパッケージが中国語表記で、少し驚きました。
国産愛好家(大げさ)なので、「中国製品?大丈夫かしら?」と少し不安を感じました。

その後、色々調べてみましたが、結局どこの国の製品なのかわかりませんでした… (汗)

「まぁこの価格だし…、そうだよね〜。」と自分を納得させ、使用を開始。

 

結果としては、特に問題なかったです

1年間使って機器の調子が悪くなることはなかったし、しっかりと効果が出たので、結果オーライでした。

もちろん、説明書は日本語表記です。

(この製品に限らず、日本に出回っている1万円〜2万円の脱毛器の多くは外国製なのでは?と思います…)

そして、私が購入した楽天の取扱ショップでは、1年間の保証が付いています。何かあった時でも安心です。

 

こちらの商品が気になった方、

基本お値段は9999円ですが、期間によっては、お買い得価格(2,000円OFFなど)になっていますので、是非チェックしてみてください⬇︎⬇︎

 

なお、商品に関するトラブルについて、当ブログでは責任を負いかねますのでご了承ください。自己責任でご購入ください。

 

⬆︎上部へ戻る

➡︎剛毛さんにオススメの家庭用脱毛器

「私、剛毛だけど効果あるかな?」と心配の方、脱毛サロンが開発した業務用並みのパワーがある家庭用脱毛器がオススメです。⬇︎

 

藤田ニコルさんがモデルをしているこちらの商品はなんと、楽天デイリーランキング9日間1位を獲得

お値段は、先ほど紹介した脱毛器より高くなりますが、確実な効果が欲しい方にオススメです

また、照射の痛みを軽減できる「冷却クーリング機能」が付いています。痛みが心配な方にもオススメです

 

\楽天ランキング9日間1位!/

 

   

迷ってるなら今すぐにセルフ脱毛を始めてみよう!

サロンに通うのは面倒だな‥って方、「家庭用脱毛器」は本当にオススメです!

自分の好きなタイミングで、自宅で簡単に脱毛できるため、無理することなく続けやすい!

また、ムダ毛を気にすることがなくなるので、ファッションの幅が広がります

 

少しでも気になった方、今すぐに始めてみてください♪

 

  • 楽天_脱毛器ランキング

   

  • おすすめ記事