【創造営2020】中国の練習生レベル高い!Produce Camp感想#1-2 ネタバレ有り

前回の記事はこちらからどうぞ⬇︎

 

 

筆者について
・元Kpopオタク、オーディション番組大好き。
・PRODUCE 101シーズン1、2にどハマりし、日プにもはハマりました。
・中華プデュをYoutubeで鑑賞中。

 

本編はYoutubeで見れます。

本編は、Youtubeで見れます。ただし日本語字幕はありません…。

 

 

【参考】初回評価流れ

 

今回は、上記の①〜③について語っていきます。

 

※おことわり
英語字幕を意訳しているため、実際の中国語とニュアンスが異なる場合があります。ご了承ください。

 

◆ベストダンサーは誰?

まず、初めに練習生たちの実力披露。
グループパフォーマンスと思いきや、なんと、個人パフォーマンスを先に披露するとのこと。

グループから代表1名がダンスパフォーマンス。
メンターが評価し、代表1名の実力が認められれば、グループ全員がピンクの優先席エリアへ座ることができる。

 

個人ダンスパフォーマンス披露

最初は、SNH48のショートカットが印象的なZhao Yueがチャレンジ。

しかしタオ先生からは「(実力)不足だ」と言われ、席に戻るよう言われる。

 

その後も、実力のある練習生が現れない。

そんな中、超柔軟な身体を活かしモダンダンスを踊る18歳アオ・シンイー(Ao Xinyi)がメンターの目にとまる。

   

また、ジャン・チェンユ(Jiang Zhenyu)も美しい柔軟なダンスを披露する。

 

その後も、ロシア美女ラーナー(LANA)。(彼女はギョルギョンを彷彿させる美人)

172cmの長身で、ハイヒールで踊るシュー・シャオハン(Xu Xiaohan)

がそれぞれ、ダンスを披露し、良い評価を受ける。

 

そして次は、他の練習生からもよく知られているリウ・シーニン(Liu Xie’ning)が登場。
ガールズグループに所属してたので、やはりプロ意識が高く、レベルの高いパフォーマンスを披露する。

【追記】「ガールズグループ」とは、韓国のガールズグループ「gugudan」です。
そこでは「サリー」という名前で活躍しています。

gugudanメンバー、PRODUCE101season1出身のセジョン、ミナしか知らなかった(^^;

 

タオ先生も「経験のあるアーティスト」だと絶賛した。

 

続いて、前シリーズにも出演していたリン・チーイー(Lin Junyi)が登場し、力強いダンスを披露。リベンジ練習生ということに引け目を感じることなく、前向きに頑張る姿勢を見せた。

 

その後も続々と実力がある練習生が登場する。タオ先生のコンサートツアーでダンサーだった練習生も登場。

個人的に、赤シャツのChen Xinyeのイケメンダンスをもっと見たかった!
(中国プデュ、結構分量差があります ・・。)

ガオ・ヂー(Gao Zhi)、彼女はルハンのツアーのサポートダンサーだった。幼い見た目とは裏腹に、Swagのきいたダンスを披露する。

 

 

フリースタイルダンスバトル

個人ダンス披露後、選ばれた8名がフリースタイルダンスを披露。
メンターに選ばれた4名が「ベストダンサー」となり、ピンクの優先席エリアにいく事ができる。

 

Ao Xinyi VS Liu Xie’ning

一緒のグループになりたくないねーって言ってて、なっちゃった2人。

Jang Dan VS Gao Zhi

タオのサポートダンサー経験者 VS ルハンのサポートダンサー経験者。

 

Lin Junyi VS Shen Xiaoting

Lin Junyiが動く動く!自己アピールがすごいです彼女。笑

 

Li Zimeng VS Chen Xinye

なぜか分量が少ない2人。Li Zimengはクールなビジュアルですが、笑うと子供みたいに可愛いです。

 

ベストダンサー4名

下記4名が選ばれました。

1位:ガオ・ヂー(Gao Zhi)

2位:リー・ズマン(Li Zimeng)

3位:リウ・シーニン(Liu Xie’ning)

4位:リン・チーイー(Lin Junyi)

 

 

 

◆ベストボーカルリストは誰?

ダンス評価と同じように、グループから代表1名がボーカルパフォーマンス。
メンターが評価し、代表1名の実力が認められれば、グループ全員がピンクの優先席エリアへ座ることができる。

 

個人歌唱パフォーマンス披露

何名か歌声を披露していくが、歌手のマオ先生、ルハン先生が、音程など基礎的スキルの不足点を次々に指摘していく。

そんな中、マー・スーフイ(Ma Sihui)が切ない歌声を披露。

はぁ、うま!

 

続いて、見た目も綺麗で女優のようなワン・イーチン(Wang Yijin)が登場し、歌声を披露。とてもラブリーで、ダー先生はメロメロ。笑

タオ先生も「(心臓が)トントントンってした」 とコメント。

 

次は、タイからきたネネ(Nene)が登場。見た目はtheアイドルで可愛らしい彼女。歌も上手。

タオ先生が賞賛のコメントをするが、中国語が苦手なNeneは、何を言っているかあまり理解していない。笑

タオ先生が、英語で伝えてくれる。「You make me heart beat.」(あなた(の歌声)は私を鼓動させる)

 

ルハン先生「Neneの中国語もかわいいけど、タオの英語も可愛いね」
タオ先生「(恥)」
ルハン先生「あ、そういうことじゃなくて、「発音」がかわいいってことね(汗)」
タオ先生「哥哥(兄さん)、そんなん言わんでええよ〜」

 

続いて、チェン・ジュオシュエン(Chen Zhuoxuan)。ピアノ弾き語りで透明感のある歌声を披露。

次に、シリンナイ・ガオ(Curley Gao)が登場。洋楽の歌姫のようなハスキーボイスを披露。 

練習生からは「グラミー賞みたい!」という声も。

私は彼女の歌声、とっても好みです。歌うま練習生を推したくなるので、とりあえずこの子My pickに決定!笑

 

課題曲をチェンジして披露

個人歌唱披露後、選ばれた6名は、他の練習生が先ほど歌った曲を一つ選び、30分で練習し披露する。

急遽準備した曲でも、上手に歌いこなす練習生たち。

  

中国語の曲が難しいNeneは、Curley Gaoが歌った英語の曲を歌うしか選択肢がなかった。その曲は自分のスタイルではないので、自分流に歌うためアカペラで歌った。

 

ネネちゃん、中国語で喋るときは、トーンが高く可愛らしいのに、インタビューで慣れた英語を話すときは、トーンがかなり低くなります。それが面白い。音域広い。

 

ベストボーカリスト3名

1位:Nene

2位:シリンナイ・ガオCurley Gao

3位:チェン・ジョウシエン(Chen Zhuoxuan)

 


続いて、グループバトルがスタート。

 

  

 

◆グループバトル開始

優先シートに選ばれた7グループ(優先席グループ)と、選ばれなかったグループ(後席グループ)グループパフォーマンス対決。
・優先席グループがパフォーマンス披露後、挑戦したい後席グループは立候補をする。
・立候補グループの中から、優先席グループが1グループが選び、バトルをする。勝敗はメンターが決める。

➡︎勝ったチームは、優先席エリアに座ることができ、負けたチームは後席エリアに座る。

 

リベンジ練習生 VS ガールズクラッシュ

トップバッターは、ベストダンサーに選ばれたリベンジ練習生のリン・チーイー(Lin Junyi)率いる『PRODUCE101』が名乗り出た。3人とも前シリーズからのリベンジ練習生だ。

ダンス・ラップ・ボーカル全てがパワフルなパフォーマンスを披露。(ガールズクラッシュ!)

リン・チーイー(Lin Junyi)「前シリーズに出ていたので他の練習生にとって「先輩」かもしれませんが、今は「クラスメイト」です。そのため、よきお手本を見せました。」
ルハン先生「いい心意気です。」

 

タオ先生「このチームに挑戦したい人は!?手を挙げろ!」(熱い)

名乗り出たのは、女性ラッパーのような風貌のチョン・シン(Zhon Xin)チーム『UG』

彼女たちも、ガールズクラッシュなパフォーマンスを披露した。(そして先ほどイケメンダンスを披露した赤シャツChen Xinyeもこのチーム。)

 

続いて、PK(個人技対決)をすることに。

まずはチームUG・チョン・シン(Zhon Xin)がオリジナル曲を披露するも、歌い出しをミスしてしまう。
(自信満々のような態度だったが、ピアノの演奏はガチガチだったようです。)

対するチームPRODUCE101は、Wang Yiqiao。高音ラップパフォーマンスを披露。

ステージ全体を動き回り、他の練習生も盛り上がった。

 

タオ先生は「チームUGは経験不足だ。チームPRODUCE 101の方が良かった」と評価した。

しかしダー先生は、「メンターはそれぞれの考え方がある・・」と切り出し、チームUG・チョン・シン(Zhon Xin)のラップとオリジナルのラップ歌詞を評価した。

ダー先生「Cardi Bやニッキー・ミナージュ(のような有名歌手を真似ること)が、君にとって”リアル”なのか。いや、君にとって”リアル”チョン・シン(Zhon Xin)そのものだ。君は自分のラップ歌詞を書いた。」

 

はい、中国プデュでは、「作詞作曲能力がある事」がとても評価されます!

 

結果、チームPRODUCE101が勝利。

 

ダンス1位通過 VS 軟体5人組

続いて、ルハン先生推薦のダンス1位通過ガオ・チー(Gao Zhi)率いるチーム『Top One’s Family of For』

ルハン先生が期待してたのにもかかわらず、圧倒的なパフォーマンスではなかった。歌のピッチもズレていた。期待が大きかったゆえ、メンターたちの失望も大きかった。

対抗するのは、軟体5人組チーム『五毒』。さきほど軟体な個人ダンスを披露したジャン・チェンユ(Jiang Zhenyu)もいます。

ひえー!5人とも可愛い顔面!笑

オリエンタルで柔軟なパフォーマンスを披露。(歌は歌わなくてもいいのね。笑)

 

結果、チーム『五毒』が勝利。

このあと、勝利チームは個人スキルも披露。

 


続きはこちらからどうぞ⬇︎⬇︎