【脱毛サロン vs セルフ脱毛】両方経験した私がメリット・デメリットを語る。

 

 

「ムダ毛処理がめんどくさい!」「ムダ毛が気になって、着たい服が着れない!」という悩みを、抱えている方もいるのではないでしょうか?

今回、光脱毛サロン家庭用光脱毛器でのセルフ脱毛を経験した筆者が、両者のメリット・デメリットを紹介します。

ちなみに、光脱毛は1回や2回で効果が出るものではありません。最低でも6か月は続ける必要があります。

「続けること」が何より大切です。そのため、自分の性格やライフスタイルから「どちらが続けやすいのか」ということに焦点を当てて、ぜひ検討してみてください。 

※今回は、「光脱毛」について紹介いたします。「医療脱毛」についての内容は、この記事に含まれません。予めご了承ください。

筆者について

・アラサー。慎重派。面倒くさがり。
・7年前に脱毛サロンに4回ほど通ったが、途中で通うのが面倒くさくなり行かなくなった。
・以降、毛はシェイバーで剃毛して処理。
・昨年、1万円の家庭用脱毛器を購入。ワキ・腕・スネ・VIOなどの脱毛を行う

 

スポンサーリンク

メリット・デメリット

まずは脱毛サロン と 家庭用脱毛器 のメリット・デメリットを比較してみましょう。

脱毛サロン(光脱毛)


  • メリット

・脱毛のムラが出にくい。
・綺麗に仕上げる。 
・背中やVIOなど、自分ではやりづらい箇所の脱毛ができる。


  • デメリット

・予約が取りづらい。
・施術前日にNGな項目が多い。
・値段設定が細かい。


【目安料金】
・100円〜30万円

セルフ脱毛(家庭用光脱毛器


  • メリット

・好きなタイミングでできる。 
・施術したい部位を自由に選べる。
・期限がないので、気の済むまま使い続けられる。


  • デメリット

・脱毛のムラがでやすい。
・背中など手の届かない箇所は、第3者の手が必要。
・肌トラブルがあったときは自己責任。


【目安料金】
・1万円〜8万円

 

脱毛のムラについて

自分で脱毛器を当てると、どうしても照射できなかった箇所が発生し、そこだけ毛が生えてきてしまうことがあります。

しかし脱毛サロンですと、そのようなムラもなく、綺麗に仕上げてくれます

 

スポンサーリンク

 

脱毛サロンの予約

私が脱毛サロンに通うのを辞めた1番の理由は、「予約が取りづらい」ことです。

「今日仕事終わりにいきたい!」「今週末に行きたい!」と思い立ってもなかなか予約が取れず、ゲンナリすることが多かったです。その結果、脱毛サロンで脱毛を続けることができませんでした。

しかしセルフ脱毛だと、自宅で自分の好きなタイミングにできるので、約1年間、ストレスなく続けることができました。

 

  

 

脱毛サロン・前日NG項目

また、脱毛サロンには前日には控えるべき行動があります。

脱毛サロン前日NG行動

・飲酒
・激しい運動
・入浴やサウナなど

  • なぜNGなのか?

脱毛する前に飲酒をすると、血行が良くなり、光脱毛のエネルギーが反応しやすく、やけどや赤みのトラブルを引き起こしやすくなります。また、激しい運動やサウナも同様に血行が良くなるのでNGです。もし、これらを前日から当日に行った場合、施術を行ってもらえない可能性があります。

 

NG項目を設けることは、肌のトラブルを起こさないために必要なことです。もちろん、セルフ脱毛でも意識しなければなりません

とはいえ、脱毛サロンに通っていた当時、飲み会に行く機会が多かったので、飲み会のスケジュールも加味しながら、取りづらい予約を取るのは、結構ストレスでした…。

 

手の届かない背中やVIO脱毛

背中など手の届かない箇所は、セルフで脱毛するには難しいです。第3者の協力が必要となります。

また、VIOゾーンなどデリケートで細かい箇所を、セルフでやると、少し手間がかかります。

そのような箇所は、サロンで施術した方が綺麗に仕上がるでしょう

 

なんとなく気になる指毛や口周りの毛

脱毛サロンだと、脱毛する部位が細かく区切られています。(腕、スネ、首など)

そして、1箇所○万円など、その箇所によって料金が発生します。

なんとなく気になる「指毛」「口周りの毛」も、範囲としてはとても狭いのですが、脱毛サロンではそこも「1箇所」とカウントされます。そして、それだけで○万円という脱毛の料金が発生することもあります。(最近では、そんな細かい箇所も全身コースに含まれていることが多いです。)

一方セルフ脱毛ですと、そのようななんとなく気になる箇所」でもパパッと気軽に脱毛を行うことができます。

  

料金比較

続いて、脱毛サロン と 家庭用脱毛器 の料金を比較してみましょう。

脱毛サロン家庭用脱毛器
目安料金100円〜30万円1万円〜8万円

 

脱毛サロンの料金

脱毛サロンは、脱毛したい箇所や箇所の多さによって金額に違いが出てきます。

 

ワキ脱毛100円?

「ワキ脱毛、今なら100円」など、かなり安い金額で宣伝している脱毛サロンの広告、ありますよね。

これは新規ユーザーを獲得するための料金設定です

追加で、「スネもやりたい」「VIOもやりたい」となると、追加料金がかかり、結局○万円かかった!ということがあります。

料金設定が細かいと煩わしいので、最近では、まとめて「全身脱毛 月額○千円」としている脱毛サロンも多いです。

 

【参考】サロン3社の料金(目安)

脱毛サロンで1箇所の脱毛が終わるのに、施術6〜10回、期間にすると6か月〜1年ほどかかります。(全身脱毛だとさらに長い期間が必要です。)

参考までに脱毛サロン3社の料金を大まかに表にしました⬇︎

  • 脱毛サロン施術6回の料金(目安)
脱毛条件料金
1箇所¥24,000
VIOのみ¥46,000
全身¥160,000
脱毛サロンA

 

脱毛条件料金
1箇所¥24,000
VIOのみ
全身¥128,000
脱毛サロンB

脱毛条件料金
1箇所(L)
VIOのみ
全身¥130,000
脱毛サロンC

※全身は、約24〜28箇所のコースです。

施術6回では完了しない場合もあるでしょう。その場合、さらに料金がかかります。

また、徹底した脱毛を行いたい方向けの「通い放題コース」などになると、全体で30万円以上かかる場合もあります。

 

家庭用脱毛器の料金

続いて家庭用脱毛器の料金について見てみましょう。

下記は、楽天市場の脱毛器の売れ筋ランキングです⬇︎

【参考】楽天_脱毛器ランキング

 

市場に出回っている家庭用脱毛器の値段をみると、1万円〜7万円と差があるようです。

この料金の差はどこから生まれるのでしょうか?

実は以下のように、製造国や機能により価格の差が発生しています⬇︎ 

家庭用脱毛器 金額差が出る要因

金額:金額:
製造国日本製海外製
(中国など)
照射パワー強い弱い
冷却機能有り無し

 

日本製か海外製か

6〜7万円と高価だけど、人気のある脱毛器「ケノン」「脱毛ラボの脱毛器」は、日本製です。

肌に刺激を与える製品ですので、品質や信頼性を重要視する方は、日本製品が安心ですね。

(ちなみに、私は海外製の脱毛器を使用しましたが、特に問題はありませんでした。)

 

 

照射パワー

照射パワーとは、毛根にダメージを与える光の強さのことです。

せっかっく買ったのに、効果が出なければ、意味がありませんよね。

脱毛サロンが監修や開発している商品は、比較的照射パワーが強めに作られています

 

冷却機能

照射パワーを強めると、必然的に肌への刺激や痛みも強くなります。その際、肌を冷却することで、痛みを軽減できます

そのため、肌の刺激や痛みが心配な方は、冷却機能がついた脱毛器を選ぶと良いでしょう。

特に、VIO箇所は痛みを感じやすいので、セルフでVIO脱毛を行いたい方は、こちらの機能を重視することをオススメします。

 

  

結論(こんな人におすすめ)

・ワキや指毛など気軽に好きな所を

➡︎セルフ脱毛がオススメ

筆者

自宅で、好きな時に、好きな箇所を、気が済むまで、できます。

・全身を徹底的に

➡︎脱毛サロンがオススメ

筆者

全身何十箇所も自分で行うには、労力がかかります。

・背中など手の届かない所を

➡︎脱毛サロンがオススメ

筆者

手の届かない所は、自分ではどうしようもありません。

・VIOを綺麗に確実に

➡︎脱毛サロンがオススメ

筆者

サロンでは、VIOの形などを相談できたりします。

・VIOを自宅でこっそりと

➡︎セルフ脱毛(照射パワー強&冷却機能付の家庭用脱毛器)がオススメ

筆者

VIOを人にやってもらうのは、ちょっと恥ずかしかったりしますよね。
VIOはワキと比べると少し痛みを感じやすいので、セルフでやる場合、冷却機能付きがオススメ。

・外出が好き!自分でやるのは面倒!

➡︎脱毛サロンがオススメ

筆者

自分でやるのは面倒くさい!っていう方ににオススメ。

・お家が好き!自分のペースでやりたい!

➡︎セルフ脱毛がオススメ

筆者

予約取るのが面倒くさい!って方にオススメ。

  

いかがだったでしょうか?

少しでも参考になりますと幸いです。 

 

⬆︎上部へ戻る